【役職別】アビームコンサルティングの年収

このページでは、アビームコンサルティングの年収について解説します。
コンサルティングファームでは、通常は役職ごとに給与が決められています。ここではアビームコンサルティングの役職と、役職ごとの年収をまとめました。
なお、本サイトでは年収以外にも採用情報や選考対策等についての情報もまとめています。ファーム別情報リンクよりぜひご覧になってください。

 

役職

 

アナリスト

業務プロセス改善のために、個々のタスクを遂行します。考える力・仕事の進め方・ITスキルなどをベースに、自身の作業をコントロールし、求められた成果を残す力が求められます。

コンサルタント

業務領域の担当者として、業務プロセス改善を行います。課題を見極めて解決策を提示し、複数の作業をコントロールする力が求められます。

シニアコンサルタント

チームリーダーとして業務領域の変革を実現します。プロジェクトの目的に沿って業務の流れを構築し、その実現のためにチームの成果を取りまとめる力が求められます。

マネージャー

プロジェクトリーダーとして、業務/組織の変革を実現します。変革のゴールを提示、効果的なアプローチでクライアントやメンバーを導く力が求められます。

シニアマネージャー

プロジェクトリーダーとして、クライアントの会社レベルの変革を実現します。クライアント企業に新たな価値をもたらす提案をし、人を巻き込み影響を与えながら成果を上げていく力が求められます。

プリンシパル

クライアントに対する責任者として、クライアントの成長を実現します。経営医者としての能力を持ち、その能力wクライアントに提供する力が求められます。

 

年収

 

アナリスト

400~500万円

コンサルタント

500~600万円

シニアコンサルタント

600~900万円

マネージャー

900~1200万円

シニアマネージャー

1200~1500万円

プリンシパル

2000~4000万円

 

昇給スピードや他のファームとの比較など

 

基本給と賞与の比率(年収の内訳)

コンサルティングファームは年俸制をとるところが多いですが、アビームコンサルティングは職位に応じた月額を基本として給与が決まる点が特徴的です。
職位によって基本給が決まり、成績評価によって賞与の変数部分が決定します。
全体的には賞与の割合が高く、成績評価や会社全体の業績によって変動します。
そしてマネージャー以上になると賞与の割合がさらに高くなるため、同じ役職でも年収は個人差が大きくなるほか、売り上げや利益に応じて賞与の額が決まるため、変動の幅が大きいと思われます。
賞与は年に2回(6月、12月)あり、基準賞与と成果・評価に応じた加算賞与が支給されます。

 

昇給スピード

給与改定は年に1度行われます。

 

福利厚生の充実度

福利厚生の制度は、資格取得支援制度やワークライフバランス支援制度、健康保険組合のカフェテリアプランなどがあるようですが、転職サイトの口コミによると、住宅手当がない点など他の企業と比べて整備されていないと感じている人もいるようです。そのため、給与水準は高いですが、福利厚生も加味すると満足度が低い人もいるかもしれません。

残業制度について

シニアコンサルタントまでは残業代が全額出ます。プロジェクトの予算によっては残業代が出なかったり、上限が定められている場合があるようで、これによっても年収が大きく左右されます。
マネージャー以上の役職は管理職扱いとなり、裁量労働制になって残業代は出なくなります。

 

評価制度

評価は予め割合の決められた5段階に基づいて行われ、プロジェクト内での相対評価が大きく影響するらしく、その後所属部門の中で調整されるようです。5段階については上層・中層評価の割合が多くなるようになっているため、下層評価となる人は比較的少ないようです。

 

他ファームとの比較

他のコンサルティングファームと同程度の水準であると言えます。残業代がみなしで含まれておらず全額でるという点は特徴的で、入社したばかりでも懸命に働けばその分給与に反映されやすくなり、成果重視のコンサルティング業界の中では珍しいのではないでしょうか。

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!