【役職別】A.T.カーニーの年収

images-5

このページでは、A.T.カーニーの年収について解説します。

コンサルティングファームでは、通常は役職ごとに給料(年俸)が決められています。ここではA.T.カーニー社内での役職名と、その役職に応じた年収をまとめました。

(なお、本サイトでは年収以外にも「A.T.カーニーのインターン対策情報」などをまとめています。どんな選考が課されるかを解説しており、A.T.カーニーの選考の概要がつかめます。)

 

役職

 

ビジネスアナリスト

マネージャー、アソシエイトの指導を受けながら、リサーチ、分析といった課題に取り組んでいきます

シニア・ビジネスアナリスト

シニアコンサルタントの指導の下で、クライアント企業の抱える経営課題を深く堀下げ、解決策を導き出すために複雑なリサーチ・分析に取り組んでいきます。

アソシエイト

クライアント企業の抱える様々な経営課題を深く理解し、より高く全社的な視点から、経営課題の解決に取り組んでいきます。

マネージャー

現場のリーダーとして、プロジェクト全体のデザイン、日々の活動のマネージ、チームメンバーをコーチしながらアウトプット (成果物)として纏め上げるという役割を担います。

プリンシパル

コンサルティング・プロジェクトのマネジメントは勿論、プロジェクトの方向付けとチームメンバーの思考の幅を広げることによりアウトプットの価値を最大化させていくことを期待されています。

パートナー

クライアントに対するリレーションを構築・維持するとともに、顧客に対するすべての責任を負います。コンサルティング・プロジェクトにおいては、最終責任者としての役割を担います。

 

年収

 

ビジネスアナリスト

年収:550~700万円

内訳:500~650万円(基本給)+賞与(基本給の10~20%)

 

シニア・ビジネスアナリスト

年収:1000万円程度

内訳:約850万円(基本給)+賞与(基本給の10~20%)

 

アソシエイト

年収:1100~1700万円

内訳:1000~1500万円(基本給)+賞与(基本給の10~20%)

 

マネージャー

年収:1800~2100万円(推定)

内訳:1600~1900万円(基本給)+賞与

 

プリンシパル

年収:2400万円程度

 

パートナー

年収:5000万円~2,3億円

 

昇給スピードや他のファームとの比較など

 

基本給と賞与の比率(年収の内訳)

賞与は基本給の10~20%ほどであり、賞与も含めれば他の戦略系ファームの中では比較的高い年収となります。賞与を含めると、入社当初のビジネスアナリストの段階では700万円ほどの年収となり、シニア・ビジネスアナリストで1000万円、コンサルタントで1500万円もの年収となります。戦略系コンサルティングファームの中でも、給与に関しては高いレベルであるため、他のファームへの転職者が少ないといいます。

 

賞与の振れ幅および額の基準

マッキンゼーやBCGなどの戦略系ファームとは異なり、個人の成績によって賞与の額があまり増減しないのが特徴です。そのため、給与は安定していますが、より多額の給与をインセンティブとして働くことは難しいでしょう。

 

昇給スピード

昇給に関しては、同じ役職であっても毎年1回50~100万円ほどアップするのが通例であり、役職が上がると他のファームのように一気にアップします。

昇進するごとに賞与の上下幅は大きくなり、会社の業績によってトータルの年収は左右されます。

 

評価制度

昇進への評価基準についても、プロジェクト単位で細目別に評価を行っているため、客観性に優れた基準となっています。そのため、恣意的な低評価や、不当な高評価による昇進の乱れというものは少ないでしょう。

 

他ファームとの比較

戦略系コンサルティングファームである上に、外資系のファームであるため給与水準は高いです。20代のうちから1000万円以上の年収を達成できますし、A.T.カーニーよりも高い給与を提示できるファームとなると、マッキンゼーやBCGくらいとなります。

 

各企業ごとの詳しい情報(年収、選考対策など)のまとめも是非ご覧になって下さい。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!