【役職別】ボストンコンサルティンググループ(BCG)の年収

images-5

このページでは、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の年収について解説します。

コンサルティングファームでは、通常は役職ごとに給料(年俸)が決められています。ここではBCG社内での役職名と、その役職に応じた年収をまとめました。

(なお、本サイトでは年収以外にも「BCGのインターン対策情報」などをまとめています。どんな選考が課されるかを解説しており、BCGの選考の概要がつかめます。)

 

役職

 

アソシエイト

アソシエイトは、幅広い業界・分野のプロジェクトの経験を通じて、ビジネスで直面する問題に対する洞察力、問題解決などの高度なコンサルタントスキルを学んでいきます。

シニア・アソシエイト

シニア・アソシエイトは、より幅広いテーマについて深い洞察力の発揮を通じて、クライアントとの協働を通じてアイデアを進化させ、問題解決をドライブします。

コンサルタント

コンサルタントは、プロジェクトの中心的な存在です。クライアントの経営の問題点を探り、戦略を展開し、成果の実現を目指してクライアントと密接にかかわり、プロジェクトを進めます。

プロジェクト・リーダー

プロジェクト・リーダーは、非常に多角的な役割が求められるポジションです。コンサルタント、チーム・リーダー、プロジェクト・マネジャー、いずれの役割においても力を発揮することが求められます。

プリンシパル

BCGの携わるプロジェクトが、クライアントの経営戦略に効果的に活かされるよう努め、さらなる課題を踏まえて、次の戦略に向けて働きかけていくことも行います。

パートナー

パートナーは、コンサルティングスタッフの総括責任者として、プロジェクトにかかわります。

 

年収

 

アソシエイト

年収:600~900万円

内訳:450~700万円(基本給)+賞与+業績評価

シニア・アソシエイト

年収:800~1,000万円(※推定値)

内訳:600~750万円(基本給)+賞与+業績評価

コンサルタント

年収:1200~1,600万円

内訳:900~1,200万円(基本給)+賞与+業績評価

プロジェクト・リーダー

年収:1,800~2,000万円

内訳:1,350~1,500万円(基本給)+賞与+業績評価

プリンシパル

年収:2500~3000万円

内訳:1,850~2,250万円(基本給)+賞与+業績評価

パートナー

年収:5000万円~数億円

 

おすすめ


 

昇給スピードや他のファームとの比較など

 

年収の内訳(基本給と賞与の比率)

どの役職においてもボーナスの変動幅は大きく、個人のパフォーマンスに左右されます。また他ファームと比べて年収に対するボーナスの比率が大きく、40%ほどであるとも言われています。したがって、上記の記載年収には大きなずれのある可能性もあるため、一つの大まかな目安として捉えていただきたいです。

 

残業の多さについて

他のファームに比べても高額の給料を貰えますが、日常的に残業時間が長くなっている状況のようです。休日出勤もしばしばあり、なかなか仕事のことを忘れられる日を持つのは難しいと言えます。

 

昇給スピード

20代であろうと実力があれば昇進し、年収が1500万円を超えることも珍しくありません。新卒1年目から賞与込みで700万円もの年収を期待出来る上に、アソシエイトの段階でも900万円ほどの年収を見込めるファームは他にありません。コンサルタントの段階で1500万円を超えることも出来るというのは、他の総合系ファームや日系ファームからするとあり得ないことです。

 

評価制度

昇進の判断については、かなり公平性がある評価基準のようです。1人の同じマネジャーやパートナーが何年も昇進の判断をし続けるという方法ではなく、アサインされたプロジェクトごとで評価されます。つまり、プロジェクトでの働きぶりを、一緒に働いたそのプロジェクトの担当者によって直接評価されるという仕組みのため、ある特定の上司とうまくいかないから昇進できないというリスクは小さいです。また、プロジェクト・リーダーに対する逆評価もあるため、互いに真摯な評価がなされるでしょう。

 

各企業ごとの詳しい情報(年収、選考対策など)のまとめも是非ご覧になって下さい。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!