【役職別】フューチャーアーキテクトの年収

images-5

このページでは、フューチャーアーキテクトの年収について解説します。

コンサルティングファームでは、通常は役職ごとに給料(年俸)が決められています。ここではフューチャーアーキテクト社内での役職名と、その役職に応じた年収をまとめました。

(なお、本サイトでは年収以外にもフューチャーアーキテクトのインターン対策情報などをまとめています。どんな選考が課されるかを解説しており、フューチャーアーキテクトの選考の概要がつかめます。)

 

役職(公式HPより)

ヒューチャーアーキテクトには、アーキテクトとエキスパートの2つのキャリア体系が存在します。はじめからどちらのキャリアに進むか選択するのではなく、アソシエイトコンサルタントからシニアコンサルタントを経て自分の適性を鑑みたうえで選択することになっています。

アーキテクトとは

ハイブリッドな総合力で付加価値を提供できる人材

エキスパートとは

ITまたはビジネスの領域に特化して高い付加価値を提供できる人材

アソシエイトコンサルタント

コンサルタント

シニアコンサルタント

マネージャー(アーキテクト)/ スペシャリスト(エキスパート)

エグゼクティブマネージャー / シニアスペシャリスト

ディレクター / エヴァンジェリスト

プリンシパル

 

年収

 

アソシエイトコンサルタント

年収:500~600万円

内訳:350~450万円(基本給)+賞与+業績評価

コンサルタント

年収:600~700万円

内訳:450~550万円(基本給)+賞与+業績評価

シニアコンサルタント

年収:650~800万円

内訳:450~600万円(基本給)+賞与+業績評価

マネージャー

年収:800~900万円

内訳:600~700万円(基本給)+賞与+業績評価

エグゼクティブマネージャー

年収1000万円程度

内訳:750万円程度(基本給)+賞与+業績評価
(※ディレクター、プリンシパル、またエキスパートキャリアの年収についてはわかり次第更新いたします。)
 

昇給スピードや他のファームとの比較など

 

年収の内訳(基本給と賞与の比率)

月給として年俸の1/16、賞与として月給の2か月分が年2回となっています。公式HPによると、新卒の場合は基本給が32万円、見込み賞与が一回43万円です(研修期間中は月額29万円、賞与が18万円)。その他にも、プロジェクトや会社への貢献度に応じて年末に業績賞与が給付されることになっています。この業績賞与の上乗せで月給2か月分の賞与額になるのだと思われます。

 

退職金

退職金は支給されないため、長く務めるには向かないと言えるかもしれません。

 

昇給スピード・評価基準

成果によってスピードは異なりますが、昇格すれば100万円昇給することもあるようです。また、半年に一回の上司との面談と年末の自己評価プレゼンが昇給に大きく関与します。その他にも部下からの評価も昇給・昇格の判断材料とされるなど、多角的な評価を得ることが出来るため、評価に対する不満は非常に少ないようです。

 

福利厚生の充実度

上で述べた通り退職金はないものの、高級ホテルに格安で宿泊が出来たり、オフィスによってはマッサージ師が常駐しており格安でマッサージを受けられるようです。

 

残業制度について

残業代が全額支給されるのは休日のみです。しかし休日出勤をした場合には、代休と125%の残業手当が支給されます(代休を消化すると、残業手当の100%分とみなされ25%のみが残る)。

 

他ファームとの比較

同じく日系IT系コンサルティングファームのアビーム・コンサルティングとほぼ同等の給料レベルだと言えます。

 

 

各企業ごとの詳しい情報(年収、選考対策など)のまとめも是非ご覧になって下さい。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!