【役職別】経営共創基盤(IGPI)の年収

このページでは、経営共創基盤(IGPI)の年収について解説します。
コンサルティングファームでは、通常は役職ごとに給料(年俸)が決められています。ここではIGPI社内での役職名と、その役職に応じた年収をまとめました。
(なお、本サイトでは年収以外にも「経営共創基盤(IGPI)のインターン対策情報」などもまとめています。どんな選考が課されるかを解説しており、IGPIの選考の概要がつかめます。)

役職

 

アソシエイト

特定の専門領域を築き、マネージャーの指示のもとで担当範囲におけるアウトプットを出す

マネージャー

特定の専門領域以外にも幅広い知識・経験・スキルを持ち、上位者のサポートの下、アソシエイトを率いてプロジェクトを遂行する

ディレクター

幅広い知識・経験・スキル、強いリーダーシップを持ち、マネージャーやアソシエイトを率いて、より複雑なプロジェクトを遂行する

マネージング・ディレクター(パートナー)

IGPIの経営に責任を負うと共に、各プロジェクトの遂行・品質すべてに責任を負う

 

年収

アソシエイト
600~800万円

マネージャー
800~1200万円

ディレクター
1200~1500万円

マネージング・ディレクター(パートナー)
1500万円以上

 

昇給スピードや他のファームとの比較など

 

基本給と賞与の比率(年収の内訳)

賞与は年一回支給されます。

 

昇給スピード

昇給は年に1度です。
また、役職の昇格については、業務知識に関する各種ハードスキルが要件として定められています。これを満たした人が昇格のテーブルに乗り、その中からパートナー間の会議を経て昇格が決まることになっています(IGPI採用ページより)。

評価制度

人事評価については、相対評価ではなく絶対評価によって行われているようです。相対評価に比べると、いわゆる社内営業のようなことをして周囲からの評価を気にしなければならない、といったリスクは少ないのではないでしょうか。
実際に働いていた人の口コミを見ても、評価制度については特別不公平さを感じる人は少ないようです。

具体的な評価方法としては、プロジェクトが終わるごとに、担当のパートナーやプロジェクトマネージャーとそのプロジェクトにおける各人のパフォーマンスについて合意したものがフィードバックシートとして返され、これを1年間分積み上げたものが年間評価の基準となります(IGPI採用ページより)。

 

他ファームとの比較

現在のIGPIの年収は、トップの外資コンサルファームと比べると若干低い水準であるといえます。
ですが、IGPIは設立が2007年で、今後大幅に成長していくことが予想される企業です。
給与という面から見ても、事業や利益の拡大に応じてこれから伸びていくのではないかと考えられます。

各企業ごとの詳しい情報(年収、選考対策など)のまとめも是非ご覧になって下さい。

 

マッキンゼーやベイン・ADL出身の、IGPIの豪華経営陣による限定セミナー開催決定!!fb-igpi01

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!