三菱総合研究所(MRI)の年収

このページでは、三菱総合研究所(MRI)の年収について解説します。
コンサルティングファームでは、通常は役職ごとに給料(年俸)が決められています。ここではシンプレクス社内での役職名と、その役職に応じた年収をまとめました。
(なお、本サイトでは年収以外にも「三菱総合研究所(MRI)のインターン対策情報」などをまとめています。どんな選考が課されるかを解説しており、MRIの選考の概要がつかめます。)

 

役職・年収

MRIの役職・役職毎の年収は、企業ホームページを含め、2016年8月上旬時点で、インターネット上ではほとんど情報がありません。
説明会ではキャリアパスについて聞くことができるようなので、興味のある方は参加してみてください。
以下の情報は一部インターネット上の非公式な情報を含んだものですので、実際の年収とは異なる可能性があります。

 

年収事例

新卒3年目、コンサルタント:530万
新卒5年目シニアコンサルタント:600~700万
博士課程卒・新卒7年目、研究員:800万
30歳、研究員:700~1000万
35歳、主任研究員:800万

 

昇給スピードや他ファームとの比較など

 

昇給スピード

昇給スピードはあまり早くないという声が多いです。
評価について、入社後数年は人事評価に差をつけない制度設計になっており、管理職になるまではほぼ同じという口コミが転職サイトにあります。
管理職については、管理職になる際の審査によって昇給速度に差が出てくるようです。

 

福利厚生の充実度

三菱グループは日系大企業の代表格なだけあり、福利厚生はかなり充実しているようです。
外部講習受講の費用補助や家賃補助・借上社宅制度、カフェテリアプラン、そのほか三菱グループの保養施設が利用できるといった口コミもあります。

残業制度について

MRIは基本的に裁量労働制ですが、マネージャークラスまでは残業代が出るようです。

 

評価制度

人事評価は年に2回あるようです。
インターネット上の口コミによると、評価制度は個人事業評価によるもので、顧客からの売り上げを貢献度に応じて配分されたものをプロジェクトごとに積み上げ、期末に当初のノルマと比較した達成比率をもとに評価を行うとのことです。
年功序列の性格が強いという声も複数見られます。

 

他ファームとの比較

正確な情報がないためはっきりとは言えませんが、事業会社に比べると給与は良いですが、コンサルティング業界の中で見ると昇給スピードが遅いために給与水準は若干低いという印象を受けます。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!