【役職別】Strategy&の年収

このページでは、Strategy& の年収について解説します。

コンサルティングファームでは、通常は役職ごとに給料(年俸)が決められています。ここではStrategy& 社内での役職名と、その役職に応じた年収をまとめました。

(なお、本サイトでは年収以外にも「Strategy& のインターン対策情報」などをまとめています。どんな選考が課されるかを解説しており、Strategy& の選考の概要がつかめます。)

役職

Strategy&では、コンサルタントとして大学・大学院の新卒のキャリアがスタートし、通常各ポジションを平均2-3年でプロモーションします。

コンサルタント

シニア・コンサルタント

アソシエイト

シニア・アソシエイト

プリンシパル

パートナー

 

年収(一例)

コンサルタント
500~700万円

シニア・コンサルタント
700~1,000万円

アソシエイト
1,000~1,400万円

シニアアソシエイト
1,600~2,000万円

プリンシパル
2,000万円~

昇給スピードや他のファームとの比較など

基本給と賞与の比率(年収の内訳)

賞与の額は明らかではありませんが、インターネット上の口コミでは年俸の5~10%程度だという情報があります。

昇給スピード

評価査定が年に1度行われ、これによって昇進・賞与が決まります。基本給は役職毎に固定されているようです。
Strategy&の採用ページには
”通常、各ポジション(アソシエイト、シニア・アソシエイト、マネージャー、ディレクター)を平均2-3年でプロモーションし、最終的にはパートナーに至ります。”
という記載があり、実際の昇進の速度にも大きな個人差はなく、賞与によって個人差が生じるようです。
そのため、ある程度昇進するまでは年収に大きな差はつかないと言えます。

福利厚生の充実度

福利厚生制度として、出産・育児休暇や介護休暇、語学研修費用の補助等が規定されています。定型の制度で対応できない場合にも個別に柔軟な対応がされており、

  • 起業支援やボランティア活動等のための長期休暇
  • 男性の1か月以上の育児休暇取得
  • 育児期間中のパーセンテージワーク
  • テレワーク

等が過去の事例としてあげられています。

残業制度について

社員の口コミによると残業代は出ないようで、みなし残業制度が導入されていると考えられます。

評価制度

Strategy&では360度の他面的な評価を採用しています。

Strategy&の評価制度は個人の成長を最大限サポートすることを目的にしています。そのためにまず、現状のパフォーマンスを客観的に、「今後いかに成長すべきか」に重点を置き評価します。評価の客観性を担保するため、中立的な立場の評価者による360度の多面的評価を採用しています。ファームとして多大なコストと時間をかけた評価を経て浮き彫りとなった成長課題は、スタッフ一人ひとりに伝達され、本人の次の成長に向けてのサポートが行われます。

(Strategy&採用情報ページより抜粋)

実際に、入社1年目の社員から上司に対する意見が評価会議で取り上げられるなど、一緒に働いたすべてのメンバーからの意見が反映されており、口コミでも評価の納得度は高いという意見が複数見られます。

他ファームとの比較

給与に関しては他の戦略系ファームと遜色ない水準であると言えます。ただ、残業が多いにも関わらず残業代が出ないことから、実際にはそこまで高くないのではという意見もあります。
また、2014年のPwCとの統合に伴って今後評価制度等の変更が行われる場合もありますので、PwCの制度も合わせて確認すると良いでしょう(PwCの年収に関する記事はこちら)。

各企業ごとの詳しい情報(年収、選考対策など)のまとめも是非ご覧になって下さい。

 

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!