[論理的思考能力を磨くオススメ図書①]~ゼロ秒思考~

slooProImg_20150519060345

引用http://www.amazon.co.jp/ゼロ秒思考-頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング-赤羽-雄二/dp/447802099X

 

今回は頭が良くなる世界一シンプルなトレーニング『ゼロ秒思考』という本を紹介します。この本では、マッキンゼー出身の著者がシンプルかつ手軽に実践できる思考力を高める訓練方法が書かれています。

 

「ゼロ秒思考」とは

「ゼロ秒思考」とは、現状を認識し、解決策を考え、どう動くべきかを瞬時に意思決定することです。しかし、日本人は持っている限られた情報の中で判断することを不得意にする人が多く、その訓練が必要だと筆者は著書で説明しています。以下は本文の抜粋になります。

”日本では小学校の時から、考える訓練、効果的に考えをまとめる訓練がほとんどされていない。自分の考えをどのように深めていくのか、という教育は若干の作文の時間意外はほとんどなされていない。授業中の発言も、教師からの質問に答えることが大半だ。”

日本人が不得意な理由は思考の深め方を知らないだけであり、訓練さえすれば、別人のように成長できるようになる。そのための最適な学習方法として「ゼロ秒思考」を自身の経験から生み出しています。今回は、そのやり方をまとめたので、以下を参考にしてください。

 

[やり方の手順]

“1日10分、メモを取る“

1、A4用紙に1件1ページ、4~6行、各20~30字を書く。
2、ゆっくり時間をかけるのではなく、1ページを1分以内にさっと書く。
3、朝起きてから寝るまでの間、1日に10ページ書く。

毎日積み重ねることで、劇的に変わると筆者は主張しています。ポイントは、”1分”という時間を強く意識することで、思考するのではなく、感じるままにメモを取ること。

 

最後に

簡単そうに見えるが、はじめは1行しか書けないという人も多いほど難しい作業です。だからこそ、継続的にトレーニングを続けることで、飛躍的に向上していきます。継続して、深く考えられる思考力を身に付けていくことで、論理的思考能力の基礎を身につけることができます。是非今日から”メモ書き”を実践してみてください。

 

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!