【18卒対象】ドリームインキュベータ(DI)の特徴・強み

ドリームインキュベータ(DI)とは

 

ドリームインキュベータ(DI)は、2000年に東京で設立された日系コンサルティング会社です。「日本発の事業・産業育成集団」として、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の日本代表を務めていた堀紘一氏が中心となって設立した会社です。他社へのコンサルティング業務だけでなく、自社でも自ら事業会社(アイペット損害保険株式会社)を運営したり、ベンチャーキャピタル業務を行ったりしているという異色のコンサルティング会社です。

 

会社概要

 

  • 正式名称:株式会社 ドリームインキュベータ
  • 設立:2000年6月1日 ※活動開始
  • 資本金:4823百万円
  • 従業員数:361名
  • 本社所在地: 〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-2-6  東京倶楽部ビルディング4F
  • 代表電話番号:03-5532-320
  • 海外拠点:シンガポール、上海、ベトナム

欧米への進出よりもアジアで多くの市場を獲得していこうという方針のようであり、今後の大きな市場であるアジアでの存在感を増していく途中段階にあると言えます。

 

ドリームインキュベータ(DI)の特徴

 

  • 新規事業支援に大きな強み

ドリームインキュベータの一つの特徴は新規事業、つまりベンチャー企業へのアドバイスに大きな強みを持っているということです。元々ベンチャー支援をコンセプトにしているファームとして設立されています。様々な産業が成熟する中、多くのファームでは既存事業のコスト削減や倒れかかっている事業の再生などが案件としては多くなってきます。そんな中、ドリームインキュベータは何か新しいものを創り出す、世の中に付加価値を提供出来る事業を生み出すということに会社全体でこだわって「産業プロデュース」に精力的に取り組んでいます。ある社員は、自分の関わったプロジェクトの7~8割が事業や成長戦略などなにか新しいものを創造するプロジェクトだったと述べています。この方はある大手メーカーの依頼を受け0から新規事業を生み出し、数兆円規模にまで成長させました。法律や会計の専門家が多数所属しており、法規制の変更や他企業との協力が必要な場合は省庁や様々な企業と共同して新規事業を創出するというように、あらゆる方面からベンチャーを支援できるという特徴を持っていると言えます。

  • 日本初の新興ファームの柔軟性

ドリームインキュベータはまだまだ出来て間もない新規ファームなので、ビジネスモデルが固定的な老舗ファームと異なり事業内容が変幻自在で、役員とともに会社の未来を話し合い意思決定をするという経験ができます。場合によっては自ら事業を始めるなど、柔軟性の高いビジネスモデルです。米国本社の支店である日本の多くの外資コンサルと異なり本社が日本にあるので経営の自由度が高いということも影響しています。

以上強みを中心に特徴を見てきましたが、他の情報(どれくらい激務なのか?年収はどれくらいか?)については企業別情報まとめを参照下さい。

 

提供サービス

 

日系のコンサルティング会社では珍しい、戦略コンサルティング業務を行う会社です(他の戦略日系コンサルティング会社はCDIのみと言われています)。扱う分野はエネルギーから通信、自動車、消費財、流通など全般にわたりますが、製造業へのコンサルティングが約3分の1を占めます。

DIの方針として、業界の垣根を越えた様々な領域の「融合」を重要視していることが挙げられます。例えば、エネルギーとコミュニティ、医療とIT、まちづくりとデジタルメディアなどこれまで融合させるのが難しいと考えていたような領域にこそチャンスがあると考えています。スマートホンが普及したことによって容易に「つながる」ことができるようになった現代社会においては、今までは不可能だった「業界の垣根を越えた融合」を実現させることができるといいます。

 

  • 業界と業界との融合によるイノベーションを目指す

現代社会は多くのモノに溢れており、私たちは多様なサービスを得ることが出来ます。つまり、既存の各業界が成熟期に突入しているということであり、ある業界が単独でイノベーションを引き起こすことが難しい飽和状態に陥っていると思われます。そこで、停滞状況から抜け出し新たなイノベーションを生み出すためには、従来は不可能であった他業界とのコラボレーションが求められています。DIは前述の通り、業界の垣根を越えた融合を目指しており、今後の日本社会に求められるイノベーションを生みだそうと考えているのだと思われます。

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!