開催 | 2017.10.23 18:30-21:30 
登壇企業 | 株式会社野村総合研究所(NRI)

EVENT REPORT | No.004

外コンでも商社でも投資銀行でもなく私がNRIを選んだワケ

野村総合研究所(NRI)に新卒入社した河邊様と、日系大手証券会社の投資銀行部門と外資系コンサルティングファームを経て中途入社した飯塚様に、入社理由や他の業界・ファームとの違いをお話いただきました。「NRIには自由がある」「NRIの若手さんってよく喋りますよね」これらの言葉から見えてくるNRI流のコンサルティング・NRIの魅力とは何なのでしょうか。
NRIでは2020年卒のビジネスインターンシップエントリーを開始しています。詳細はこちら

イベント開催概要

イベントタイプ

特別対談

開催日時

2017年10月23日(月)

18:30-21:30

開催地

スローガン株式会社 セミナールーム

東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル 2・3F

スピーカー

株式会社野村総合研究所(NRI)

産業界トップ企業や官公庁の課題解決を行う国内最大手級ファーム。予測・分析・政 策提言などによって問題発見から解決策を導く「ナビゲーション」と、その解決 策を業務改革やシステムの設計・構築・運用によって実現する「ソリューション」。 これら2つを相乗的に機能させて提供することで、企業理念である「未来創発」 を実現します。

河邊 俊輔

かわべ しゅんすけ

株式会社野村総合研究所

消費サービス・ヘルスケアコンサルティング部 主任コンサルタント

2010年4月新卒入社。グローバル製造業コンサル部、人材開発室を経て現職。小売業・メーカー企業を中心に、オムニチャネル構築・デジタルマーケティング・新規事業開発等のプロジェクトに携わっている。(※所属は2018年3月時点)

飯塚 浩介

めしつか こうすけ

株式会社野村総合研究所

消費サービス・ヘルスケアコンサルティング部 主任コンサルタント

2015年中途入社。新卒時は日系系大手証券会社の投資銀行部門にて、M&Aアドバイザリー、バンカー業務などを経験。外資系コンサルティングファームを経て現職。戦略策定から組織設計、実行支援、官公庁の調査案件まで幅広いプロジェクトに主にプロジェクトリーダーとして従事している。(※所属は2018年3月時点)

私が外コンから日系最大手コンサルへジョインした理由

飯塚

飯塚と申します。NRIには2015年に入社しまして、現在3年目です。

私は2004年に大学院を出た後、日系大手証券会社に新卒入社し、投資銀行部門で働きました。IPO支援、M&Aアドバイザリー、バンカー業務(法人営業)などに従事しました。2014年に外資戦略系コンサルティングファームに移り戦略策定に携わった後、2015年にNRIに入社し現在に至ります。

「日系IB→外資コンサル→NRI」のワケ

どのような理由でこのようなキャリアを歩んだのかをご説明したいと思います。

新卒時の就職活動では、若い頃から経営に近いポジションで仕事をしたいという軸で考えており、投資銀行・コンサルティングファームに絞って就職活動をしていました。ちなみに、当時NRIも受けていたのですが落とされまして(笑)結果、国内大手の証券会社に入社しました。

学生の皆様からすると先の話にはなりますが、なぜ転職をしたのかもお話しします。

投資銀行は、基本的にM&Aと資金調達というソリューションの専門家になります。経営のサポートといっても、経営で何をするかというイシューにはあまりタッチをしません。何をするかが決まり、M&Aとか資金調達といった話がでてきた後で、お声がかかりお手伝いするという専門家集団です。

しかし、せっかくやるなら戦略をつくる次元で仕事をしてみたいということを考えるようになりました。そこでご縁のあった外資系コンサルティング企業に転職したのです。

ただ、入ってみると、プロジェクトの閑散期が重なってしまっておりあまり経験が積める環境にはなかったこと、お客さまの矢面に立つプロジェクトリーダーを担うまでに何年もかかることなどから、2回目の転職として、そうした環境が整っていると聞いたNRIに移りたいと思うに至りました。

外資系コンサルティングファームとNRIはどう違う?

飯塚

私の見立てではありますが、外資系コンサルティングファームと比較した際のNRIの特徴ををまとめてみました。

仕事内容は似ていますが、働き方・組織風土が違うと思います。

まず、プロジェクトのアサイン、割り当てられ方が異なります。

NRIの場合は2つから3つのプロジェクトに同時にアサインされます。外資の場合は基本1プロジェクトのアサインです。

もちろんシングルアサインでは1つのことに集中できるというメリットもあるので、どちらがいいかに関しては好みの問題になるでしょうが、考え方によっては複数プロジェクトへのアサインは2〜3倍の経験が積めるとも言えるでしょう。

次は職場環境です。

外資は、Up or Outと言われるように厳しい環境で、基本的には少数のスターを作るという方針だと思います。NRIは、2〜3プロジェクトアサインされていることもあり忙しいですが、雇用が保障されているということもあり、最後は面倒をみてくれます。また転職した際に受けた印象として、「若手が全員育っているな」と感じました。

また、ご存知の方も多いと思いますが、離職率は大きく異なります。前職の外資系ファームには中途で10名くらい同期がおりましたが、2年経過時点で1人しか残っていません。みなさんやりたいことを見つけた上で巣立っていったのだと思いますが、離職率は高い職場であると言えるでしょう。

そして、NRIの大きな特徴として、プロジェクトリーダーを任せる年次が非常に若いということも挙げられます。

若手のうちからプロジェクトリーダーを経験する価値とは?

質問者

プロジェクトリーダーを若いうちに経験することが、その後どのように活きてくるのかについて具体的に知りたいです。

飯塚

「コンサルタントとしてやりました」と言えるのがプロジェクトリーダーかと思います。

大きなイシューをもらい、それをどう砕いてどの順番でどうやって解くのかということを設計するのはプロジェクトリーダーです。その上で、一緒に働いてくれる人と役割分担をし、品質チェックをして、お客さんに持っていき議論していきます。

いわゆる「コンサルティングの仕事」をやりましたと言えるのはプロジェクトリーダーなのではないかと思っています。

キャリア的にもプロジェクトリーダーを経験したというのは、一つの実績となりますし、自分の感覚としてもやりがいがあります。

上の人からこうやりなさいと言われてやるより、自分で設計をしてやっていく方が面白いし、スキルも上がりますよね。

ただ、いきなり2〜3年目の社員が経営イシューを砕いてきちんと議論できるかというと難しいと思います。

現場寄りの課題であったり、上司のサポートのもとで取り組んでもらっています。そこで人を育てるのがNRIです。

「結果を出したいときは全力で取り組め」就職活動について今思うこと

飯塚

就職活動について今思うことは3つあります。

1つ目は、仕事選びに正解はないということです。

「こうでないといけない」「こうやるのが最短距離」ということに基づいてキャリアを設計したいと思われるかもしれませんが、何でもやってみれば正解になる・満足できるキャリアになるように思います。

決め打ちせず、色々な会社の話を聞いて就職活動を行ってみるのもいいのではないでしょうか。

また、学生時代の就職活動が終わりではなく、キャリアは続いていきます。私のように途中で違う道を選ぶかもしれません。自分の道を作っていってもらえればと思います。

2つ目は、お金も大事ということです。これは歳をとってきて感じていることです。

就職活動では、やりがい・やりたいことを大事にすることが多いかと思います。

しかし、どんな仕事でも面白いこと、やりがいはあるのだと思います。そう考えると、給料がどのくらいのものなのか、自分にはどれくらい必要なのかというのも、自分の就活の軸に少しいれられるといいのではないかと思います。

3つ目は、結果を出したいときは全力で取り組むということです。

どれだけ力をそこに注ぎ込んだかによって結果は変わってくると思います。コンサルティング業界は、狭き門だと思いますが、それに対して準備した人/していない人の差は結果として出てくると思います。

就活生へ「Willを一番大事にしよう」

河邊

Must・Can・Willという考え方がありますよね。どれが大事でしょうか。

私はWill、すなわち何がしたいかを大事にしてほしいと思います。

Must、すなわちやらねばならないことは、正直、想像がつかないと思います。皆さんは50年くらい働きますよね。50年で何が起こるかは想像がつきません。この数年でも大きく世界は変わっていくと思います。そして、皆さんの「競合」には世界中の若者たちのほか、ロボットやAIなども入ってくるでしょう。

また、CanよりWillの方が大切だと思います。

Can、すなわち今皆さんが持っている専門性は知識・経験・人脈に支えられますが、これらの獲得は容易になっていくと思います。知識はパソコンが教えてくれますし、覚えてくれます。過去の経験はもはや通用しない世界になってきています。インターネットの力で人と繋がることだけなら容易にできます。

そして何よりも、みなさんの今のCanでこれから50年のキャリアを縛る必要はありません。

楽な仕事はおそらくありません。どれだけ楽しめるかが重要だと思います。そして、みなさんにとってのその場所が弊社であれば嬉しいです。一緒に楽しい仕事を創る仲間を待っています。

NRIでは2020年卒のビジネスインターンシップエントリーを開始しています。詳細はこちら

前の記事