Q. 英語が出来ないですが外資系コンサルに入れますか?

Q. 英語が出来ないですが外資系コンサルに入れますか?

A. 英語が話せなくとも外資コンサルから内定を貰えます

コンサルティングファームの選考試験では、英語による面接が課されることもあり、英語が大きな壁だと思っている就活生も多いでしょう。しかし、実際にはそこまで英語力というのは大きな選考要因とはなっていないといえます。例えばBCGでは、英語での面接がなされずに内定を出すというケースもあります。この内定者はTOEICで高得点を取得していたため、英語力に関しては問題がないと判断されたといいます。また、アクセンチュアの選考では、英語での簡単な自己紹介やキャリアプランについて話すことを求められたといいますが、事前に英語力に自信があると答えた学生には英語での面接がなかったそうです。内定者によると、英語に関しての質問や面接は、選考とは関係ない純粋な疑問としてどれほど英語が出来るかを見ておきたかったのだろうという印象を受けたといいます。加えて、英語を使った高度なやり取りをするのであれば英会話のスキルが必要となりますが、選考を通ることを目的とするなら事前に定型文を暗記しておけば対応出来ます。

入社後にコンサルタントとして働くことを考えても、英語を使わずに仕事をすることは出来ます。そもそも海外企業や外国人を相手に仕事をするファームが全てではありません。むしろ国内企業を主なクライアントとするファームもあるため、日本語のみを使うコンサルタントというのは珍しくありません。英語を話せないからといって、コンサルタントとしてやっていけないというわけではないのです。

とはいえ、英語ができると大きなアドバンテージになります。英語を読めるということは、自分が入手できる情報の数が大幅に増えるということを意味します。ビジネスの世界において情報入手のスピードと量は非常に重要です。また、ファームによっては英語ができると、海外での仕事を任せてもらえることもあります。世界各国の支社からコンサルタントを選び、アメリカの本社に集結させて新しい案件に挑ませるということが実際にあるのです。当然ながら、海外での経験を積めるということは、コンサルタントとしてだけでなく、ビジネスマンとして大きな成長を遂げることを意味します。英語ができなくともコンサルティングファームから内定は貰えますが、より優れたビジネスマンになるためにも英語を習得しておくと良いでしょう。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!