Q.コンサルティングファームの合同説明会に参加すべきですか?

Q.コンサルティングファームの合同説明会に参加すべきですか?

 

A.参加したほうが良いでしょう。

合同説明会とは、大きなホールなどの会場に多くの企業がブースを出展し、様々な業種・分野の会社について一度に知ることが出来る就職活動における大イベントの1つです。各企業の特徴や、来場している社員の方々の雰囲気を知ることができる良い機会となります。勿論、外資系コンサルティングファームを志望している学生にとっても、企業ごとの説明会(実施していないファームもあります)を除けば、社員と触れ合い話を伺える貴重な機会です。是非参加しましょう。一方で、日系企業のように、説明会の態度がその後に影響するということはありませんので、安心してください。

しかし、注意しなければならないのは、外資系コンサルティングファームはある時期を過ぎると、合同説明会への出展数が激減することです。これはなぜなら、コンサルティングファームは他日系企業と比べて選考時期が全体的に早いためです。そのため、コンサルティングファームの出展が集中する6月~7月の合同説明会にまずは参加しておくことをおすすめします。また、稀に11月~12月頃に開催される合同説明会に参加しているコンサルティングファームもありますが、この場合はその時がラストチャンスとなることが多いので、機会を逃さないようにしましょう。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!