Q. ファーム内の役職を教えて下さい。

Q. ファーム内の役職を教えて下さい。

Chart incline

A. 下から順にアナリスト、コンサルタント、マネージャー、パートナーに分けられます。

コンサルティングファームで働く社員は、「コンサルタント」と総称されますが、経験年数や期待される役割に応じていくつかの職位が存在します。その職位の呼称は各ファームによって様々ですが、大きく分けると下から順に、アナリスト、コンサルタント、マネージャー、パートナーに分けられます。

 

また、例えばコンサルタントの場合だと、コンサルタントとシニアコンサルタントのように細かく職位が分かれてます。さらに、その中でも「シニアコンサルタント1、シニアコンサルタント2、…」や「シニアコンサルタントA、シニアコンサルタントB」などの形でランクが設定されていることもあります。

 

この際、職位が変わるとプロジェクト内での役割が大きく変わり、求められる能力も変わってきます。一方で、ランクはあくまでその職位における習熟度を表しているだけなので、そのランクによってプロジェクト内での役割が大きく変わることはありません。

 

このように細かくランクづけされているのは、職位だけでなくランクによってもコンサルタントがクライアントに請求する時間単価や報酬が異なるためです。

 

以下、各職位の具体的な役割です。

 

職位 役割
アナリスト 情報収集・分析、資料作成
コンサルタント 仮説構築・検証
マネージャー プロジェクト管理、顧客との折衝、予算管理
パートナー 営業(顧客開拓、プロジェクト受注)、ファームの経営

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!