アクセンチュアはどれくらい激務なのか?

このページではアクセンチュアの激務度についてまとめています。

一般的なファームと同じくらいの平均的な激務度

アクセンチュアに関しては、業界一般のワークライフバランスとさほど変わりがないようです。すなわち、忙しさはプロジェクト次第だし、想定外のことが起きれば深夜までの作業も少なくはないです。そしてプロジェクト中は平日にプライベートの予定を入れることは厳しいほどの忙しさが一般的ですが、基本的に成果ベースなのでやるべきことをやっていればどんなスタイルで働いても特に文句は言われません。ただ、プロジェクト中は一般的な平均よりはやや長く働いている人が多いようです(23時以降にも働いている人が多数、土日に働いている人も多いとの証言アリ)。また、プロジェクトとプロジェクトと切れ目にはまとめて有給をとることが可能で、二週間~一ヶ月ほどの長期の休みを取ることも可能です。このワークスタイルは多くのファームにも当てはまるのでモデルとして覚えておくといいかもしれません(もちろんドリームインキュベータやCDIは切れ目に休暇が取りづらい、など例外は多々あるので気になるファームについてはチェックしておきましょう)。勤務時間が長くなってしまうのはやはり他のファーム同様、成果ベースで出世が決まる椅子取りゲームなので競争が激しくうかうかしているとおいていかれてしまうから、という理由が大きいようです。実力が認められる(=出世する)とある程度プライベートについても交渉可能になり、柔軟に勤務することが可能になる点も、他のファームと同じなようです。

各企業ごとの詳しい情報(年収、選考対策など)のまとめも是非ご覧になって下さい。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!