アーサー・D・リトルはどれくらい激務なのか?

このページではアーサー・D・リトルの激務度についてまとめています。

 

やはり長い勤務時間

外資系の戦略コンサルティングファームは基本的に激務です。アーサー・D・リトルも例外ではないでしょう。月間残業時間は120時間以上を超えている様子で、社員の方も「ワーク=ライフの覚悟がないと務まらない」と声を漏らしています。忙しいプロジェクトになると、土日も返上で仕事をしなくてはならないようです。

 

ただ、プロジェクトによると・・・?

プロジェクトによっては時間的に余裕もできるようで、昼頃に出社できたり、定時前に帰宅できる時もあるようです。またこれもプロジェクトによっては在宅勤務がある程度許されている様子で、時間に自由度が生まれるとの意見もあります。マッキンゼーやBCGなどの他の戦略ファームと比べると、働き方の自由さはある印象です。

 

他の情報について詳しくは、アーサー・D・リトルの記事一覧を御覧ください。

各企業ごとの詳しい情報(年収、選考対策など)のまとめも是非ご覧になって下さい。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!