A.T.カーニーはどれくらい激務なのか?

このページではA.T.カーニーの激務度についてまとめています。

  • ワークライフバランスの改善が進む

近年は社員の勤務年数長期化に向けてワークライフバランスの改善に全社的に取り組んでいるようです。例えば、プロジェクトごとに帰宅時間を決めてそこでちゃんと帰るという取り組みを行っており、プロジェクト次第では19時に帰ると決まっている場合もあります。また、多くのファームでそうであるように、プロジェクト間に有給が取りやすく、調整しやすくなっていると言えます。また男性社員であっても育児休暇が数ヶ月単位でとれるなど、子育てとも両立しやすいという側面もあります。同業他社よりワークライフバランスはよいと述べるコンサルタントもいます。

  • 社員数が足りず、休みが取りづらいという側面も

一方で、ここ数年でA.Tカーニーでは労働力の不足が課題となっています。慢性的な人手不足を一人あたり稼働率を高めることでなんとか持たせているというのが現状のようです。プロジェクト終了後にすぐに別のプロジェクトが開始してしまうことも少なくなく、したがって、プロジェクト間の休暇を取る場合にはある程度根回しが必要なようです。また、プロジェクト中は他のファーム同様非常に忙しく、特に新人のうちは土日も休みづらいというのが実態のようです。労働環境の良さに言及するコンサルタントも少なからずいる一方で、総じて見ると他のファームに比べて長時間労働についての言及が多いように感じられます。プロジェクト中の平日は帰宅が10時を超えるのが普通で、終電を逃しタクシー帰りということも多々あるようです。

 

各企業ごとの詳しい情報(年収、選考対策など)のまとめも是非ご覧になって下さい。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!