ボストンコンサルティンググループ(BCG)はどのくらい激務なのか?

このページではボストンコンサルティンググループの激務度についてまとめています。

志望企業を決める上での参考にしてください。

 

基本的には成果ベース しかし上司の影響も

長く働くことは評価されず、アウトプットが重要視されています。

そのため、成果を出せない時には長時間労働もありうるし、スマートに立ち回ればプライベートの時間も取れます。他のファームに比べて、調整しやすいと述べるコンサルタントは多い印象です。

ただし、プロジェクトマネージャーの考え方に依存する部分が多いようで、長く働くことを美徳と考えている上司だと24時から会議を始めることもあり、時間より質という考え方の上司なら夕食時には帰宅できるということもあります。

 

近年は労働環境の改善進む

かつては夜遅くまで多くの人が働いていましたが、社員の精神衛生を考慮し近年はワークライフバランスが注目され若手コンサルタントは働きやすくなっているようです。one case制の導入もあり、プロジェクトとプロジェクトの間に有給休暇をとりやすくなったのでバランスはとりやすくなっていると言えます。

 

新人のうちはきつめ、管理する側になればコントロールがきく

多くのファームでもそうですが、やはり新人のうちは仕事に不慣れにも関わらず成果を出すことが必要なので、土日も中々休めないということも普通にあるといいます。しかし、マネージャー以上に昇進するとコントロールが容易になり、プライベートの時間もとれるようです。

 

各企業ごとの詳しい情報(年収、選考対策など)のまとめも是非ご覧になって下さい。

 

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!