フューチャーアーキテクトはどのくらい激務なのか?

深夜残業はほぼ毎日

プロジェクトリーダーの裁量次第で全く異なりますが、忙しいプロジェクトがほとんどで、毎日終電まで働き、土日のうち一方は出社するという体制が常態化しているようです。
特にシステム構築に関するプロジェクトでは勤務時間が長くなりやすく、保守フェーズで不具合が起きると24時間電話がかかってくることもあります。
ですが、裁量労働制のため、早く帰りたい日は自分で調整して帰ることはできますし、メンバーにも予め周知しておけば帰りづらい雰囲気はあまりありません。自宅やカフェでの作業も可能です。
客先に常駐する場合については相手企業のペースに合わせなければならないため、そういった融通は難しいでしょう。

また、長期休暇についてはプロジェクトの合間に2週間程度の休暇をとることが可能です。

 

平日の残業代はなし

残業代は、みなし残業時間を超えても支給されず、22時以降の深夜残業に限り割増残業手当が出るという程度です。
以前は月の労働時間が400時間ほどでしたが、最近労働基準監督署からの是正勧告を受け、21時以降の勤務には上長への残業申請が必要になっているようです。労働時間は以前よりは減ってきているようですが、業務量が減ったわけではないので、申請を行わず残業するということもあるようです。
また、仕事大好きという社員が多いために仕事のメールのやりとりも昼夜問わずさかんで、勤務時間外に状況が変化することもあります。そのため、社外にいるプライべートの時間でもメールの対応に追われることがあるほか、出社前に状況変化の把握が必要になります。

給与制度についての詳細は「フューチャーアーキテクトの年収」を参照してください。

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!