経営共創基盤(IGPI)はどのくらい激務なのか?

このページでは、経営共創基盤(IGPI)の激務度についてまとめています。

他のファームに比べると勤務時間は短い

プロジェクトの繁閑による部分はありますが、概して勤務時間は短いようです。パフォーマンスが良ければ残業する必要はないという雰囲気で、終電を逃すまで働くような社員はあまり多くないようです。

とはいえやはりプロジェクトによって忙しさに差はあり、忙しいプロジェクトでも24時頃には帰宅といった場合もあるようです。ですがそれでも週末に出社することはあまりないようで、他のファームに比べるとある程度の自分のプライベートを持って働くことができるのではないでしょうか。

 

会社の雰囲気は「フラット・自由」

IGPIは従業員数180名と比較的小規模で、社風としてもベンチャーのように自由でフラットな環境といえそうです。
仕事の進め方についても、徹夜や休日出勤を強要されるような、体育会系のような雰囲気はありません。業務負荷は高く、成果も求められますが、それができていれば勤務時間を調整したり、勤務時間外に仕事をしたりと、個人の裁量でフレキシブルに働けるようです。

 

各企業ごとの詳しい情報(年収、選考対策など)のまとめも是非ご覧になって下さい。

 

マッキンゼー・ベイン・ADL出身、経営共創基盤(IGPI)の経営陣登壇!?

fb-igpi01

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!