マッキンゼーはどれくらい激務なのか?

images-7

このページではマッキンゼーの激務度についてまとめています。

 

プロジェクトと能力次第

忙しさはまずプロジェクト次第という認識が必要です。プロジェクト中は事実上休みをとることはできず、想定外のトラブルが生じるなどした場合は徹夜もありえます。プロジェクトとプロジェクトの合間には有給をしっかりとることができて、人によっては一ヶ月くらい有給をとって旅行に行くコンサルタントもいます。有給は一般的な日本企業と違って取りやすく、年間勤務時間で見れば実はそこまで長くないとの見方も存在するようです。

また、忙しさを決めるもう一つの要因は能力です。基本的に結果を出していれば時間的制約は存在せず、極めて優秀なら夕食前に帰ることすら可能ですが、比較的能力が不足していると時間でカバーせざるを得ず、勤務時間は長くなります。

 

出世に応じて変化する忙しさ

まず入社1年目など、入ったばかりの時は仕事に不慣れにもかかわらず成果を求められるので時間的制約は強くなりがちです。しかし、出世してマネージャークラスになると仕事自体は増えるがコントロールがききやすくなり、家族と夕食をとるなど自由な設計が可能にはなるようです。

 

アウトソーシング部隊の存在

パワーポイントやリサーチなどを行う専門部隊が所属しているので、他のファームと比べて何でも自分でやる必要が比較的少ないです。その点ではライフワークバランスは良好と見るコンサルタントも存在しています。

 

各企業ごとの詳しい情報(年収、選考対策など)のまとめも是非ご覧になって下さい。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!