ローランド・ベルガーはどのくらい激務なのか?

このページではローランド・ベルガーの激務度についてまとめています。

  • 群を抜いて長い勤務時間

他のファームと比べてダントツでワークライフバランスが悪いようです。社員の方々も、他ファームの情報から判断してかなり勤務時間が長いと述べており、深夜までの業務は多いようです。平均帰宅時間が午前三時、週100時間が当たり前と述べるコンサルタントも存在します。特に新人期は中々自由がきかないようです。マネージャーになるまではプライベートは一切ないと断言する社員も見られました。業界トップのマッキンゼーなどに追いつくべく、泥臭くアウトプットをしていこうという機運が高いようです。

  • 有給が取りづらいとの声

多くのファームでは有給の取りやすさについてポジティヴな意見が目立つ一方で、ローランドベルガーの社員の多くが有給の取りづらさに言及しています。プロジェクトとプロジェクトとの間に有給をとるというケースがないわけではありませんが、知的体育会を標榜する企業文化なだけあって、とにかくたくさん働くことが美徳されているのでやはり有給も取りづらいという状況のようです。

  • 近年は改善傾向ではある

長く勤める社員曰く、最近は昔ほどではないようです。しかし、やはり現在でも他のファームに比べれば非常に厳しい労働環境であると言わざるをえないでしょう。

このように、労働環境は厳しいですが、ローランドベルガーには良い点もたくさんありあす。例えばベンチャー気質でEntrepreneurshipを掲げ既存のビジネスモデルにとどまらずベンチャーキャピタルやPEのような投資業務などもやってみようか、成功報酬を導入してみようか、など試行錯誤を行っている自由な企業であるところなどが挙げられます。

他の情報について詳しくは、ローランドベルガーの情報まとめを御覧ください。

各企業ごとの詳しい情報(年収、選考対策など)のまとめも是非ご覧になって下さい。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!