スカイライトコンサルティングはどのくらい激務なのか?

このページではスカイライトコンサルティングの激務度についてまとめています。
 

プライベート確保の意識は高い

プロジェクトの合間の有給は会社として奨励しているため、有給消化率はある程度高いようです。
他のコンサルファームと同様、仕事の忙しさはプロジェクトや上司によりますが、多くの社員がワークライフバランスへの意識が高く、プライベートとのバランスを考えながら働いている人が多いようです。他のコンサルタントよりも深夜残業や休日出勤が少ないと感じる社員もいます。
 

とはいえ、裁量労働制の負の側面もあり

やはりプロジェクトによっては労働時間が大幅に長くなることもあります。プロジェクトメンバーの人数には余裕がなく、一人あたりの業務が多くなるため、その結果として繁忙期の労働時間が長くなってしまうという場合もあるようです。クライアント側も8時間労働を前提としたフィーは想定していません。定時退社はほぼ難しいといえます。

 

社員の自主性を尊重するフラットな環境

参画プロジェクトは基本的に立候補制で、アサインリストから自分で選び、社内面接をしてアサインされることになります。そのため、思うように休みが取れない、勤務地が遠くなる、といった心配はあまりません。
厳密なノルマのようなものもないため、次のプロジェクトまでどのくらい期間をあけるかといったスケジュールも自分で決めることができます。
また、個人や家族の事情についても配慮があり、役員に相談すれば即座に対応してくれるという声もあります。スカイライトは従業員数が約130名ですので、このように役員とコミュニケーションを取りやすいのは小規模ファームの大きな特徴の1つといえるでしょう。
報酬や昇給といった人事評価については、自己評価と上司からのフィードバックによって決まります。評価の根拠が明確に示されるため、労働時間が長くなっても納得感をもって働けている社員が多いと考えられます。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!