シグマクシスはどのくらい激務なのか?

このページでは、シグマクシスの激務度についてまとめています。
 

フレックス制度により、基本的に働き方は自由

仕事の忙しさはやはり他ファームと同様、プロジェクトに拠るところが大きいです。
シグマクシスはフレックス制度を導入しており、完全なる裁量労働制です。時間設計などは個人で自由にできます。
しかし、その分労働時間が給与にそのまま反映されるわけではないので、フレックスだからとのんびり仕事をしていても残業代は出ないので、この制度をうまく使って自分のペースで仕事をできるようにならなければなりません。
その反面、成果が出せていれば時間設計は自由ですから、人によっては他のファームよりプライベートの時間を作りやすいと感じるようです。
 

コンサルタント職の在宅勤務は困難か

在宅勤務については会社全体で浸透しており、週2日以上自宅で勤務する人もある程度多いようですが、コンサルタント職の場合は、プロジェクトやクライアントに影響される部分が大きく、特にクライアント先に常駐して働く場合はほとんどそういった自由はきくことはありません。

 

個人の裁量が大きいので、どこまでがんばるかも自分次第

個人主義の側面が強い企業ですから、一日でどのくらい仕事を進めるのか、どれだけ頑張るのかといったこともある程度個人の裁量にあります。そのため、社員の優劣が付きやすい環境であるといえます。

早いうちにスキルアップすれば、入社2年目でチームリーダーとして働いた人もいます。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!