Q.コンサルティングファームは帰国子女、留学経験者を優遇しますか?

Q.コンサルティングファームは帰国子女、留学経験者を優遇しますか?

A.帰国子女・留学経験者は選考上有利になることが多いです。

結論から言って、外資系コンサルティングファームの就職活動においては、帰国子女や留学経験者が有利になることは多いです。最近では日系企業でも、TOEICの点数の提出ヲ求めるなど帰国子女・留学経験者が厚遇されるようになっていますが、外資系コンサルティングファームにおいては特にこの傾向が強いと言えるでしょう。戦略系トップファームでは毎年、内定者の過半数は留学経験者もしくは帰国子女です。

この理由としては、英語を使用する機会が多いことや、また海外のオフィスと共同で仕事をすることも多いので、そういった異文化の人々とのコミュニケーション経験が豊富な人材が重宝されることが挙げられます。

実際、ファームに入ってからは自分が参加したいプロジェクトをある程度選択できるようになりますが、その際に英語を話すことができないと選択できるプロジェクトが少なく、ファーム内での働きやすさにも影響してきます。この傾向は、戦略系トップファームであるともっと強まります。こういったファームでは毎年、内定者の過半数は留学経験者もしくは帰国子女です。

もっとも、コンサルティングファーム側もこのような状態になることを望んではいないので、ファーム内での英語研修制度や、留学補助制度が充実しています。こういった制度を活用することで、入社後に英語能力を向上させることができます。将来海外で働くことを視野に入れている学生にとっては魅力的な制度だといえるでしょう。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!