【19卒対象】ローランド・ベルガーの特徴・強み

JCAD2018

ローランド・ベルガーとは

欧州発 「業界の草分け的存在」

ローランド・ベルガーは、1967年に当時29歳であったローランド・ベルガーにより、ミュンヘンにて創業されました。(Roland Berger International Marketing Consultants)

「当時のヨーロッパでは、コンサルティングという概念がほとんど普及していませんでしたが、ドイツでアドバイザリー・サービスという新たな分野を開拓し、ヨーロッパ全土へと事業展開を進め、業界の草分け的存在」となったといわれています。

出典
同社HP https://www.rolandberger.com/ja/about/Heritage.html

3つのコア・バリュー

またローランド・ベルガーはコア・バリューとして、Entrepreneurship(企業家精神)、Empathy(寛容と尊重の精神)、Excellence(飛躍的な成果)の3つを掲げています。

ローランド・ベルガー出身者

ローランド・ベルガー出身者はどのようなキャリアを歩んでいるのでしょうか。下記出身者の一部の経歴を集めました。

  • 水留浩一氏
    電通、アクセンチュアを経て、株式会社あきんどスシロー 社長
  • 足立 光氏
    一橋大学卒業後、プロクター・アンド・ギャンブル・ファー・イースト(日本)に入社、P&Gにおける日本人として初の韓国赴任を経験。その後、日本マクドナルド株式会社 上級執行役員 マーケティング本部長へ
  • 稲積 憲氏
    NHN PlayArt株式会社 代表取締役社長。早稲田大学卒業後、株式会社リコー、ソニーを経てローランド・ベルガーへ
  • 嶋 正和氏
    株式会社ロジスティック 代表取締役。東京大学工学部電子工学科卒業後、欧州経営大学院(INSEAD)にてMBA取得。 ロジスティック設立時には、大前研一氏主催のビジネス・プラン・コンテストで大賞を受賞
  • 鈴木信輝氏
    京都大学大学院法学研究科修士卒、株式会社ローランド・ベルガー プリンシパルを経て、株式会社ワールド 常務執行役員

 

企業概要

  • 正式名称:株式会社ローランド・ベルガー
  • 設立:1991年(日本法人)
  • 東京オフィス所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル23F
  • 代表電話番号:03 3587-6660
  • 海外拠点数:34ヶ国 49拠点

現在、アジア、南米、北アフリカ、中東など世界に広がる50近くもの拠点を有します。

出典
ローランド・ベルガーホームページ
https://www.rolandberger.com/ja/about/Who-we-are.html

 

ローランド・ベルガーの特徴

欧州型企業経営

ドイツ・ミュンヘン発のコンサルティングファームであるローランド・ベルガーの特徴は、欧州型企業経営にあるいわれています。同社ホームページでは下記のように「欧州型企業経営」について、長期的視点でみた経営姿勢と多様性の尊重に特徴があると説明されています。

まず、欧州型企業経営の大きな特徴を2つご説明します。第一に「長期的な視野」です。米国のように短期的に利益を追う株式至上主義でなく、長期的、安定的な経営を実現しています。『歴史』・『伝統』(ブランドネーム)を重んじる文化であるのも「長期的視野」の要因の一つでしょう。また、二つ目の特徴として「多様性」です。欧州にはさまざまな国・文化・宗教が集まっています。その中で企業経営を行っていくために多様な文化・価値を尊重していく考えが根付いています。

欧州系最大のコンサルティングファームであるローランド・ベルガーは上述2点の『価値観』を根底に持ちながら戦略を打ち立て、クライアントと長期的パートナーシップを築き価値を提供しています。この欧州型企業経営の特徴は日本の既存の企業経営理念に非常に近いものだと言え、その点が多くの企業からローランド・ベルガーが支持される理由のひとつとなっています。

多様性については、同ファームプリンシパル福田稔氏(2015年3月時点)がインタビュー記事中(キャリア インキュベーション株式会社運営メディア)でも強調して語っています。

特有の多様性に適応できなければ、アジア全域で勝ち残ることは難しい、という前提のもと、米国系ファームとは対比される存在としてローランド・ベルガーを位置づけ、

米国系企業が備えているカルチャーは、やはりマジョリティとしてのアメリカンカルチャーが強い。米国社会は人種や考え方の多様性を受容しつつも、そうした存在を中心に広がりを作っていくような考え方です。逆にヨーロッパはそもそもマジョリティが存在せず、異なる文化が等しく並列しているような中で協調してきた(多様性の上で立脚してきた)歴史を持っています。

とした上で、ヨーロッパに出自を持つファームの利点として、多様性の上に立脚したローランド・ベルガーのスタンスを説明しています。

以上強みを中心に特徴をまとめてみましたが、他の情報(どれくらい激務なのか?年収はどれくらいなのか?)については企業別情報まとめを参照してください。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!