内定者オススメのコンサル就活情報源まとめ Part1

内定者オススメのコンサル就活情報源まとめ Part1

ここでは、実際に就活を進めていくにあたり選考や企業の情報をどこで知るのが良いか、という点について話してみたいと思います。今回はWEBを情報源にするルートについてです。
※おすすめ順に並んでいます。☆は特におすすめです。

この記事はPART1です。PART2の記事はコチラからどうぞ

 

☆1.就職・選考情報特化系(外資就活ドットコム、ONE CAREER、unistyleなど)

これらのサイトは、リクナビなどのナビ系と異なり企業情報の他に実際の選考体験やES例が載っていることが特徴です。そのためコンサル志望者にとっては最も重宝するサイト群であるといえるでしょう。またコンサルティングファームのエントリーページにもリンクできることが多いため、就活中は何かとお世話になることが多いサイトです。

 

2.口コミサイト(Vorkers、キャリコネ、転職会議など)

その会社で実際に働いている(働いていた)人が、会社内の実情を匿名で投稿している口コミサイトです。匿名と言っても一定の情報信頼性が担保されている上、社内の雰囲気などここでしか得られない情報がたくさんあります。本来は転職活動のためのサイトですが、就職活動にも非常に有用であるといえるでしょう。ネックなのは会員登録が必要なことで、会員登録し実際に投稿をしないと詳しい口コミ内容が見られないサイトが大半です。

 

3.ナビ系(リクナビ、マイナビ、日経就職ナビなど)

これらのサイトは、企業の基本情報などを網羅的に掲載しているサイトです。しかし外資系コンサルティングファームにはこれらのサイトに一切掲載していないファームも多く、それ故にコンサルティングファームへの就職を目指している人にはあまり向いているとは言えません。しかし勿論コンサルティングファーム以外も併願して受ける人がほとんどのはずなので、この3大ナビサイトに会員登録しておいて損は無いでしょう。

 

4.既卒者のブログ

既に昨年以前にコンサルティングファームの新卒採用を受けた人による就活日記も参考にしていきましょう。1.であげたサイト群にも載っていないようなレアな情報や就活の心構えなども載っているので、ある程度参考になります。一方で、完全には信用出来ないこと、また受けた時期が古いために載っている情報と実際が全く違ったということもあるので注意しましょう。

 

5.みん就

楽天が運営する就職活動応援サイトです。他のサイトと異なり匿名掲示板の書き込みが中心であり、リアルタイムで合否連絡や選考内容を知ることが出来る一方、匿名故に情報の信頼性はあまり高くありません。また荒らしも多いので注意しましょう。

 

いかがだったでしょうか。コンサルタンティングファームの選考情報を知りたかったら1から,ファームの内実を知りたかったら2から情報を得るのがおすすめです。Part2に続きます

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!