内定者オススメのコンサル就活情報源まとめ Part2

内定者オススメのコンサル就活情報源まとめ Part2

ここでは、実際に就活を進めていくにあたり選考や企業の情報をどこで知るのが良いか、という点について話してみたいと思います。今回はWEB以外の情報源についてです。☆は特におすすめです。

この記事はPart2です。Part1の記事はコチラからどうぞ

 

☆1.友人の話

同じ業界を志望している(志望しそうな)友人を作ることこそ、最高の情報入手手段です。友人を作るスポットとしては、早い時期(7月、8月など)のインターン本番やその選考会場が最もおすすめです。特にインターン本番に呼ばれている人はやはり優秀かつ面白い人が多いので、その後の選考情報を共有できる仲間にもなり得ます。例えばある企業のインターンに参加した友人がいれば、その会社の雰囲気や社員の方がどういった人かを知ることが出来ますし、また友人によっては面接やGDで問われたことをコッソリ教えてくれるなんてことも…(日程が複数ある場合)。

 

☆2.先輩の話

ゼミやサークル等の、仲の良い先輩がコンサルティングファームにいる時は、お話を伺うのが非常に有効です。先輩から聞いた話を用いることで、志望動機をより作成しやすくなります。OB訪問よりも仲が良いためぶっちゃけた話をしてくれるかもしれません。こちらもそこまで畏まらず気楽にできる点は先輩ならではの利点だと思います。

 

☆3.OB訪問

コンサル業界はあまりOB訪問するイメージがありませんが、非常におすすめです。理由はシンプルに会社の実情を教えてくれるからです。とはいえ、自社を良く言う傾向が多少はあるだろう点には注意が必要です。先輩の話と同様に、ファームごとの志望理由作成にも有効です。社員の方の中には他のファームから転職してきた方や友人が他ファームに勤めている方も多いために、そのOBの方を通じたファームの情報を得ることもでき、ファーム間の比較も可能です。

 

4.各種説明会(合同説明会・学内説明会・企業説明会)

コンサルティングファームが合同説明会に出展するのは非常に早い時期であるの注意が必要です。例えば今年であれば5月~7月の合同説明会にはBCGなどの外資戦略系ファームもたくさん出展していました。しかし、日系大企業などと異なりここで名前を売ったり、またぶっちゃけた話を聞いたりすることはほぼ不可能といって良いと思います。パンフレット集め程度に思ったほうが良いでしょう。逆に個別説明会中に寝ていたりしてもチェックされたりはしません。

 

5.書籍

まず、いわゆる業界研究本はあまり役立たないと思ったほうが良いです。次に、各ファームが多数出している著作物を多数出版していますが、あまり役に立つことはないので読むのはおすすめしません(たまにそのファームでの働き方や業務内容がわかることもありますが)。

 

6.新聞・雑誌

あまり多くないですが、新聞・雑誌にコンサルティングファームの広告や、役員やCEOのインタビューなどが載っていることがあります。しかし、情報量が多くない上に就活に役立つ情報が載っていることは稀です。

 

いかがだったでしょうか。やはり、仲の良い友人や先輩だとこちらも気兼ねなく話すことができ、また向こうも協力的に情報をていきょうしてくれることが多く、最もおすすめです。

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!