Q. コンサルティングファームの採用/選考時期はいつですか?

Q. コンサルティングファームの採用/選考時期はいつですか?

A:各コンサルティングファームによって異なります。気をつけなければならないのは、「インターンで内定が出る」ということです。

内定が出される時期は、大きく分けて3つに分類されます。

(1)外資の戦略コンサルティングファーム(BCGやマッキンゼーなど)

外資の大手戦略コンサルティングファームは、8月から9月にかけてサマーインターンを行います。これらの企業は、サマーインターンに参加した学生の中で優秀な者に内定を与えています。10月から11月にはオータムインターンを行い、同様に参加者の中で優秀である学生に内定を与えています。このタイプの企業だと、「内定を得るにはサマーorオータムインターンに行け!」という結論になるでしょう。

(2)その他の外資戦略コンサルティングファーム

その他の外資戦略コンサルティングファームは、8~9月のサマーインターンと10~11月オータムインターンで内定を出す企業は一部に留まります。多くの企業は、10月頃から翌年の3月頃にかけてインターン以外の選考を行い、そこで多くの内定を出します。また、12月~2月に行うウィンターインターンで内定を出す企業も一部あります。

(3)日系のコンサルティングファーム

日系の企業もサマーインターンを行いますが、この時点ではほとんど内定は出ません。12月~2月に行うウィンターインターンでは内定を出す企業も一部存在しますが、やはり多くの内定が出るのはインターン以外の本選考の場です。本選考の開始時期が冬なので、比較的遅く就活を開始しても間に合うと言えます。

 

まとめると、BCGやマッキンゼーなどの大手の外資系戦略コンサルはサマーインターンとオータムインターンで内定がほとんど出ますが、その他の外資企業や日系企業は主に秋から冬にかけての本選考の場で内定が出ます。しかし、インターンに参加するのは簡単ではなく、ESを通過することや筆記試験をパスすることも求められ、その難易度も低くありません。また、コンサルティングファーム特有の試験として「フェルミ推定」や「ケース面接」というものが課されることが多いため、コンサルティングファーム専用の対策に多くの時間を割く必要があるといえます。コンサルティングファームから内定を得るためには、早い時期から筆記試験やフェルミ推定、ケース面接の対策をして、積極的にインターンに参加するようにしましょう。

各種試験対策については、以下のページで解説しています。

 

筆記試験対策は、【保存版】有名コンサル19企業のWEBテスト・筆記試験対策まとめ のページを参照してください。

フェルミ推定対策は、【内定者直伝】面接を再現したフェルミ推定の例題と対策のページを参照してください。

ケース面接対策は、コンサルファームのケース面接を突破するための4ステップのページを参照してください。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!