アクセンチュアのビジネスコンサルタントの特徴・強みって?

 

このページでは、アクセンチュアの職種、特に「ビジネスコンサルタント」について、その特徴・強みを解説しています。

ビジネスコンサルタントとは?

そもそも、アクセンチュアのコンサルタントは、「戦略コンサルタント」、「テクノロジーコンサルタント」、そして「ビジネスコンサルタント」の3つにわけられます。「ビジネスコンサルタント」は、より実効性のある戦略を会社に提案します。ビジネスコンサルタントは、全社戦略で決められた大元の方針を、各部署や期間などのより短い範囲に分け、具体的な施策を提案することが1つの役割となっています。その性質上、実際の現場近くで業務を行うことになり、自分達が提案が実際に行われる部分までサポートすることになります。

実際に現場での変革が有効に働いているかどうかを判断するためには、その施策・実行方法について、自分達が理解していなければなりません。それ故、ビジネスコンサルタントには、戦略を立て、数字を扱うビジネスの知識と平行して、ITの知識も求められます。実際にメインとして戦略の実行を行うわけではありませんが、クライアントのコンサルティングをを次々行っていくうちに、ビジネスを見る目と、実際に自ら変革を行っていける実行能力の両方が身に付けていけるといえます。

これは、将来の選択肢として、「コンサルタント」としてのキャリアを進んでいくか、「テクノロジー」に関連し、それを自ら創りだす職種の両方の道が開かれていることを意味します。これが、「ビジネスコンサルタントの強み」の1つと言えるでしょう。

 

参考 ビジネスコンサルタントの職務内容

・クライアントの複雑化するビジネス課題に対し、改革の道筋を描き、テクノロジー/ソリューションを活用し、変革のリーダーとしてプロジェクトを推進・実行する。

・クライアントのビジネスハイパフォーマンスを実現するため、IT戦略に基づき、次世代のビジネス・システムをデザイン・構想する。

・クライアントのグローバルなオペレーションを最適化するため、BPO戦略の策定及びビジネスプロセスをデザインし、プロセスのプロフェッショナルとして実行する。

・描かれたグランドデザインに基づき、組織を見直し、業務を再設計し、最適なソリューションを選定し、システムデザインから導入まで一貫したサービスを提供し、変革を実現する。
(https://www.accenture.com/jp-ja/careers/daini-tgp.aspx)

 

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!