【コラム集】論理的思考力を鍛えたいコンサル就活生にオススメのコラム

ロジシンコラム集
 
このページは、コンサル就活を進めていく上で必須とも言える「論理的思考力(ロジカルシンキング)」を鍛える対策コラムをまとめたものです。

論理的思考力は一朝一夕で身につくようなスキルではないので、このコラムをガイドラインとして、練習を重ねてください。

 

目次

1.そもそもなぜ論理的思考力が必須なのか
2.「ロジカルシンキング基礎中の基礎」シリーズ
3.コンサル思考を鍛える対策本
4.まとめ

 

そもそもなぜ論理的思考力が必須なのか

ロジシンコラム集
 
なぜコンサル就活において「論理的思考力」が必須だと言われているのでしょうか。
それは論理的思考力こそがコンサルタントの強みだからです。

「コンサルティング」とはクライアント企業の課題解決を手助けする仕事です。
そのためには卓越した分析力や思考力が必要になります。

もちろん、クライアントと良好な関係を築くために「人間力」が必要であったり、クライアントや上司の期待値を超えるために「知的好奇心」が必要であったり、論理的思考力の他にもコンサルタントとして必要な能力はたくさんあります。

しかし、論理的思考力がなければ、そもそも初めの段階である「提案書を書き上げる」ことすらできないのです。
コンサルタントは客観的で説得力のある論理を作り、さらにはクライアントが価値を感じるようなアイデアを提供しなくてはなりません。

まずは論理的思考力を鍛えて「スタートライン」に立ちましょう。

参考

そもそも「コンサルティング」って何ですか?
コンサルタントの強みってなんですか?
コンサルに必要な能力ってなんですか?

 

「ロジカルシンキング基礎中の基礎」シリーズ

ロジシンコラム集
 
数多のコンサルタントにとって必読となっている本があります。
それが『考える技術・書く技術』(バーバラ・ミント 著、山崎康司 訳)です。

マッキンゼーを退職したバーバラ・ミント氏が確立した「ピラミッド原則」は、1980年代以降のコンサル業界でデファクトスタンダード(事実上の標準)になっているロジカルシンキングの方法論です。

論理的思考力の基礎とも言える「ピラミッド原則」を習得するのが第一歩でしょう。

「ロジカルシンキング基礎中の基礎」シリーズ

ロジカルシンキングって、結局何なの? ~ピラミッド構造から学ぶ3原則~
「それって、答えになってる?」ロジカルシンキング基礎中の基礎part2
ロジカルシンキング基礎中の基礎part3 ~結局、何が言いたいの?~

 

コンサル思考を鍛える対策本

ロジシンコラム集
 
「ピラミッド原則」は理解したが、まだ論理的思考力に不安があるという方へ。

論理的思考力の重要性は広くビジネスマンに理解されており、学習指導要領にも「論理的思考」の文言が組み込まれているほど市民権を得ています。

近所の書店に行けば対策本のコーナーがほぼ必ずあるでしょう。
また通販サイトで検索をかけると実にたくさんの本が紹介されており、全てを読むのは金銭的にも時間的にも不可能です。

そのため、コンサルタントを目指す上で必須能力の一つである「論理的思考力」を鍛えるおすすめの対策本をまとめました。
何を買うべきか迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。
(「ゼロベース思考法」や「仮説思考法」についてもまとめています。)

おすすめ対策本一覧

コンサル思考を鍛える対策本はありますか?

 

まとめ

ロジシンコラム集
上記では論理的思考力について書かれているコラムをまとめました。
繰り返しになりますが、論理的思考力はコンサル就活の「スタートライン」です。
まずは習得を目指しましょう。

その上で、論理的思考力が基礎となる「フェルミ推定」や「ケース問題」の対策を進めましょう。

参考

ロジカルシンキングが出来れば選考を突破できますか?
フェルミ推定やケース問題ができるようになる方法は?

 
コラム一覧はこちら>コラム

 

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!