「全ての総合商社志望者は、外コン・外銀内定を目指せ」19卒に贈る、外資系サマーインターンを制し、就活を制す内定指南書

今回は19卒で本気で難関企業を目指す就活生に「外コン・外銀」の内定を得る方法を徹底解説します。

外コン・外銀の内定はその業界を志望する人だけでなく、総合商社を始めとする日系の難関企業を目指す人にとっても非常に有益です。

また、この時期から動き出す早期の選考対策は【難関企業内定への一番の近道】です。

ここでは、18卒ですでに外コン・外銀に内定している方へのインタビューを交えながら、4月からどのようにスタートダッシュを切り、他の就活生に差をつけられるかについて役立つ情報を独自に調査し、まとめました。

ぜひご一読ください。

 

そもそも外コン・外銀とは?

 

   ①外コンの仕事内容って? まずは業界を把握!外資系コンサルを目指す人への予備知識!-楽天みんなの就職活動日記
http://www.nikki.ne.jp/event/20150729092/

 経営戦略コンサル:企業の経営戦略を一緒に考えていく業務。第三者として企業の経営者に財務分析・市場調査・マーケティングを駆使して経営方針を提案する

この記事は、外資系コンサルの基礎的な業界知識を得るに最適な記事です。

ここから詳しい企業分析へと移りましょう。

②【外銀入門】15分でわかる外資系投資銀行!受ける前に知っておきたい「部門の違い」-onecareer
https://www.onecareer.jp/articles/339

   ・  投資銀行は社風よりも部署ごとの文化差が大きい

   ・外資系投資銀行IBD部門

大まかな業務内容は下記に分かれます。

      ・企業の買収や売却(M&A)の提案

      ・資金調達の提案

      ・使命は「A社がさらに発展するためにも、B社を買いましょう」などと提案する財務 のコンサルタント。

この記事では、外資系投資銀行の特徴・風土・求める人物像が部門別にわかりやすくまとめられています。短時間で雰囲気を感じ取るには最適な記事です。

では、このように高給で華々しいキャリアのイメージがある外資系コンサルと投資銀行ですが、なぜこれらの企業の選考を受けることは、日系難関企業の就活にも有益になるのでしょうか。

 

なぜ外コン・外銀の選考を受けると難関日系企業の就活を有利になるのか?

 

内定HACK術:外コン・外銀/大手企業内定者の勝ち組就活スケジュール-Hatena Blog
http://teriyakix.hatenadiary.jp/entry/2016/03/12/011435

・総合商社・広告代理店・日系投資銀行の箔付けにも練習試合にも使える

 そこで知り合った就活生との情報共有によって就活を制する

この記事は、難関企業への内定を得るための方法術を具体的にスケジュールに落とし込んで論じているブログです。

この記事からも

外コン・外銀の内定はそれだけでその個人に「考える力」「ビジネスマンとしての振る舞い方」が身についていることの証明になります。

実際に17卒の就活生を見ていても、

外コン・外銀の内定を持っている人はその後の就活を他の就活生と何倍も優位に立って進め、難関日系企業の内定を勝ち得ています。

外コン・外銀のインターン参加や内定は難関日系企業への就活の際、有利に働くことは間違いないでしょう。

では、実際に外コン・外銀は就活市場でどれくらいの難易度なのでしょうか。

 

どのくらい難しいの?

 

外コン・外銀は無理ゲー!勘違い学生に知ってほしい2つのこと-ソーシャルランチ
http://www.social-lunch.jp/s2/column/6403001

・志望者の層:学力的に上位4~5%に位置する猛者たち

 倍率は100~1,000倍という狭き門

 東大京大早慶レベルが1,000人以上集まって、10人も通らない世界

この記事では、イメージしやすい数値を用いて、外コン・外銀の内定を取ることの難しさを語っています。

「自分には外コン・外銀は無理なんじゃ、、、」と思ったそこのあなた!

結論から言います。

どの就活生も外コン・外銀の内定を取ることは可能です。

では具体的にどうすればいいのか。

 

まずは外銀・外コンのサマーインターンの選考を受けましょう

 

〜外銀・外コンのサマーインターンに参加するメリット(内定者談)〜

 サマーインターン後、リクルーターがついた。ついている人とつかなかった人で、その後の内定率が格段に違った。(18卒外銀内定者より)

レベルの高い就活生にたくさん出会えた。彼らとの情報交換は就職活動に非常に有益であるとともに、自分のモチベーション維持にもつながった。(18卒戦略外コン内定者より)

 緊張度とレベルの高い試験・面接・グループワークを早期に体験でき、夏以降の選考対策に大いに役立っている。(18卒総合商社志望より)

このように、サマーインターンに参加することは、内定率を高めるという点で非常に有益であることがわかります。

では、どうしたらサマーインターンに参加できるのでしょうか?

勝負をするときは、まず相手を知ることから始めましょう。

 

どういう選考なの?

 

 選考の流れを掴むには、以下の記事が有効です。

 

 外コンの夏インターンに行きたいならこう動け!〜夏で内定を獲得するために今あなたが取るべき行動とは〜【18卒向け】-onecareer

https://www.onecareer.jp/articles/332

外コンの選考はjob(インターン)を通じて、採用を行うことが一般的です。

この記事では、外コンのサマーインターンのスケジュールから、具体的な選考フロー・対策までわかりやすくまとめられています。

この記事で、具体的にいつの時期からサマーインターンの選考が始まるか・どういう選考フローなのかを理解しましょう。

 

18卒向け】外銀の夏インターンに行きたいならこう動け!―外銀の夏IS選考を徹底攻略するためのロードマップ―-onecareer

https://www.onecareer.jp/articles/344

外コン同様、外銀もjob採用が一般的です。

こちらの記事も外銀のサマーインターンのスケジュール・選考フローを押さえるには有益でしょう。

それでは、ここからは外コン・外銀、それぞれ選考対策を分けてどう動いていけば良いかを考えましょう。

 

外コンのサマーインターンに参加するには

 

ここでは18卒の外コン内定者にしたインタビューを踏まえて、外コンのサマーインターン必勝法を考えていきたいと思います。

Q. 外コンのサマーインターンに参加するのに肝になるのは?

A. 早期からの筆記対策が何よりも重要。筆記で周りみんな落ちて行ったよ。(笑)(18卒外資系戦略コンサル内定者)

 

外コンの選考の最初の関門である筆記試験。

油断もあるせいかここで8割〜9割の人が落ちて行くと言われています。

3月から選考対策を始める方は、まずここに着手すべきでしょう。

具体的に筆記試験について論じているのは以下の記事です。

 

【保存版】有名コンサル19社のWEBテスト・筆記試験対策まとめ-factlogic

こちらの記事で、受けるファームにどの種類の試験が課されるのかを確認しましょう。

また以下の記事で具体的な対策へと落とし込みましょう。

 

【筆記対策:判断推理】2週間で対策!インターン選考における判断推理の攻略法-onecareer

https://www.onecareer.jp/articles/434

こちらの記事は、外コンの筆記試験のメインとなる判断推理の攻略法をわかりやすく載せています。ここでは対策に2週間と書かれていますが、

【自分は数字に弱い!】と思っている方や【中学受験を経験していない方】は、3ヶ月の期間を使ってじっくりと学習計画を組み、繰り返し取り組む必要があるでしょう。

では次の質問。

Q.筆記対策をある程度終えた後は何をしましたか?

A.   4月中旬〜選考開始まで【ケース問題・フェルミ推定】の問題を解き、頭の動かし方を学びました(18卒外資系戦略コンサル内定者)

 

ケース面接で求められている能力とは-factlogic

 

Q.ケース面接の具体的な対策方法を教えて下さい。-factlogic

 

ケース問題・フェルミ推定はコンサルティングファーム独特の選考です。上記の二つの記事を読んで、ケース問題・フェルミ推定に対する基本的なスタンスやアプローチを学びましょう。

その後は、具体的な対策方法を以下の記事で学びましょう。

 

フェルミ推定・ケース面接を徹底対策!McK、BCGなどコンサル志望は対策必須:外資系戦略コンサル内定者&元外コン社員が徹底解説Vol.2【18卒向け】-onecareer

https://www.onecareer.jp/articles/298

 「フェルミ推定」とは、実際に調査して求めるのが難しいような数を、最低限の知識から論理的に概算すること

 「ケース面接」はその応用編。フェルミ推定との相違点は数値を算出した後に、具体的な問題に対する打ち手を考えること

上記の記事では、ケース問題・フェルミ推定を参考書等を用いて具体的にどのように対策していくかということが、わかりやすくまとめられています。

これを参考に自分の現状に合った学習計画を練り実行していきましょう。

 

外銀のサマーインターンに参加するには

 

次は18卒の外銀内定者へのインタビューを踏まえて、具体的に外銀のサマーインターンシップ必勝法について考えていきましょう。

 

Q.外銀のサマーインターンに参加するのに肝となるのは?

A. やはり外コン同様【webテスト・筆記対策です(18卒外銀内定者)

 

ヒアリングや周りの就活生の状況から判断するに、やはり外銀に対してもテスト対策は必須のようです。(ほとんどがそこで落ちるとのこと)

 

【18卒】外資系投資銀行のWEBテスト・筆記試験対策-外資就活

https://gaishishukatsu.com/archives/85929

・時間をかけて適切な対策を行えば高い確率で高得点を狙える一方で、少しの油断から、毎年優秀な学生がこぼれ落ちていくのも、また事実。

上記の記事では、17卒の就活生へのヒアリングを基に、主要な外銀のwebテスト・筆記試験の内容と対策方法がわかりやすくまとめられています。コンサルティングファームと違い、独自の筆記試験がある企業が少ないからといって、油断は禁物です。簡単なテストほど高得点が選考通過の必須条件となります。自分の状況に応じ、適切な学習計画をこの時期から練りましょう。

 

Q.面接対策はどのようにおこないましたか?

A.まずは金融の知識の基礎をつける。志望動機や逆質問、面接中の態度などを考えた。外コンと違い、能力よりも素直な人柄と志望度が見られていると感じた。(18卒外銀内定者)

 

18卒向け】外銀の夏インターンに行きたいならこう動け!―外銀の夏IS選考を徹底攻略するためのロードマップ―-onecareer

https://www.onecareer.jp/articles/344

この対策には、やはり上記の記事をもう一度読み、対策の計画に具体性をもたせましょう。

ここで18卒の外銀内定者のヒアリングから、サマーインターンの選考に具体的なイメージの湧きそうな情報を記します。個人の意見ではありますが、ぜひ参考にしてください。

 インターンの参加メンバーを見るに学歴はあまり関係ないと感じた。

 3人のグループディスカッションでは「ミレニアム世代行動形態によって今後発展・衰退する業界を考えよ」という一見難解なテーマがでた。3人で競うのではなく協働でアウトプットを最大化することが重要だと感じた。

 面接官2人、就活生3人の面接の後、面接官2人、就活生2人の面接が2回あった。

 面接のお題は、「あなたの趣味を売ってください」や普段気になる出来事から「都知事になったら何をする?」など、あまり経済に関係ないことが大半だった。

 経済のことを答えに織り交ぜ、さらに深いつっこみを受けている人がいた。

 わからないことは素直にわからないという素直な姿勢が選考通過につながったと思う。

以上のことから、選考でもインターン中でも経済系を得意としていない人は、聞かれても素直にわからないと言うといった姿勢が選考通過につながったようです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

結論から言うとヒアリングを通じて何も対策しないで選考に臨み、内定を勝ち取るという人はごく稀で、

対策を始める早さ、そして対策を上記の記事を参考にいかに効率化し、自分に合った選考対策計画を練ることが選考を通過する近道になることは自明です。

そしてそれを実際に行った人は、必ずしも東大・京大などトップクラスの大学でなくとも内定を勝ち取っています。

以下が、選考のおおまかな流れとなっています。対策のスケジュールを立てるのに、是非役立ててください。

この記事を見たあなたは是非、明日からではなく、【今日】からトップ層との差を埋め、そして追い越すために、現状と目標のギャップから必要なことを整理し、計画を立て、実行に移していきましょう。

また、結果サマーインターンに受からなかったとしても、しっかりと原因を振り返り、秋冬のインターンにその反省を生かして内定を勝ち取った人も多くいます。

いずれにしても、サマーインターンに本気で取り組むことは非常に有益です。

最後になりますが、選考対策は必ずしも孤独にやるものではないと思っています。モチベーションを維持するには、一緒に高い目標を目指す仲間の存在が一番です。

まずは、一度選考対策の方向性を決めるとともに、そういう高い志を持った仲間を見つけませんか?

FactLogicではこの4月に本気のスタートダッシュを決意した仲間を募ります。

FactLogic EXECTIVE

〜外資戦略コンサル・投資銀行のトップ内定を目指す強化指定プログラム〜

このプログラムでは

8年間外銀・外コン内定者に就活対策を施してきた名物講師が本気で外コン・外銀内定レベルの学生を本気で選抜し、トップレベルの人脈や選考対策・講演機会・難関企業の特別選考ルートを提供する場を設けます

4月のこの時期に、ぜひ腕試しとして受けてみませんか?

本気で難関企業の内定を目指すあなたを

全力のサポートを準備してお待ちしております。

末筆ながら、この記事を見て頂いた全ての19卒就活生が満足いく就活になるよう、編集部一同、心より祈っております。              

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!