Q.コンサルティングファームの選考日程を教えて下さい

Q.コンサルティングファームの選考日程を教えて下さい

A.ファームによって複数回の選考が実施されます。

 

コンサルティングファームの選考日程は、2つの特徴を有しているといえます。

まず、「比較的早い時期に行われる」ということです。コンサルティングファーム、特に外資系ファームは選考時期が他業界と比べ早いことが多く、そのため「就職活動を始めた頃には選考がほとんど終わっている…」といったことさえあります。コンサルティングファームを志望する可能性がある学生は、その点に注意して就職活動を早めに始めておかなければなりません。具体的には、ファームによる差はあるものの、大学3年の夏頃が戦略コンサルティングファームの選考ピークであり、秋~冬にかけて他のファームも選考が何度か行われ、年明け2月頃にはおおよそどのファームも採用活動を終了していると考えてよいでしょう。

 

次に、「選考が複数回に分かれて実施される」ということです。コンサルティングファームは先述のように日系一般企業と比べてかなり早い時期から選考活動が始まる一方で、採用活動を何度かに分けて比較的中長期的に採用を行っているともいえます(通年採用という形に近いかもしれません)。しかしここで注意しておきたいのは、「複数回選考が実施されている」ということと、「複数回各人にチャンスが与えられる」ということは必ずしも一致しないということです。これは、ファームによっては、一度選考途中で不合格となった学生のエントリーを次回以降受け付けないファームもあるためです。更に、選考時期によって採用予定人数が異なっている点にも注意が必要です。例えば、某戦略系コンサルティングファームAでは、サマー・オータムの2回に分けて選考を実施していますが、サマーで全体の7割程の内定を出すことになっているそうです。このように、早い時期に実施した選考でより多くの内定を出すファームが多いため、可能であれば、3年の夏休みに実施されるサマージョブに参加することが、内定を勝ち取るための近道だといえます。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!