開催 | 2017.10.23 18:30-21:30 
登壇企業 | 株式会社野村総合研究所(NRI)

EVENT REPORT | No.004

外コンでも商社でも投資銀行でもなく私がNRIを選んだワケ

野村総合研究所(NRI)に新卒入社した河邊様と、日系大手証券会社の投資銀行部門と外資系コンサルティングファームを経て中途入社した飯塚様に、入社理由や他の業界・ファームとの違いをお話いただきました。「NRIには自由がある」「NRIの若手さんってよく喋りますよね」これらの言葉から見えてくるNRI流のコンサルティング・NRIの魅力とは何なのでしょうか。

イベント開催概要

イベントタイプ

特別対談

開催日時

2017年10月23日(月)

18:30-21:30

開催地

スローガン株式会社 セミナールーム

東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル 2・3F

スピーカー

株式会社野村総合研究所(NRI)

産業界トップ企業や官公庁の課題解決を行う国内最大手級ファーム。予測・分析・政 策提言などによって問題発見から解決策を導く「ナビゲーション」と、その解決 策を業務改革やシステムの設計・構築・運用によって実現する「ソリューション」。 これら2つを相乗的に機能させて提供することで、企業理念である「未来創発」 を実現します。

河邊 俊輔

かわべ しゅんすけ

株式会社野村総合研究所

消費サービス・ヘルスケアコンサルティング部 主任コンサルタント

2010年4月新卒入社。グローバル製造業コンサル部、人材開発室を経て現職。小売業・メーカー企業を中心に、オムニチャネル構築・デジタルマーケティング・新規事業開発等のプロジェクトに携わっている。(※所属は2018年3月時点)

飯塚 浩介

めしつか こうすけ

株式会社野村総合研究所

消費サービス・ヘルスケアコンサルティング部 主任コンサルタント

2015年中途入社。新卒時は日系系大手証券会社の投資銀行部門にて、M&Aアドバイザリー、バンカー業務などを経験。外資系コンサルティングファームを経て現職。戦略策定から組織設計、実行支援、官公庁の調査案件まで幅広いプロジェクトに主にプロジェクトリーダーとして従事している。(※所属は2018年3月時点)

中山 太一郎

なかやま たいいちろう

株式会社野村総合研究所

コンサルティング人材開発室 上級コンサルタント

2008年4月新卒入社。放送局・製造業系のクライアントを対象とした経営コンサルティングに従事し、現職。人材開発室では自社の人材戦略立案、採用、研修を担当している。(※所属は2018年3月時点)

外コンでも商社でもなく私が新卒でNRIを選んだ理由

河邊

こんにちは。河邊です。私は就職活動で、外資コンサル、商社、ベンチャーなど、様々な業界をみました。2010年にNRIに新卒入社し、結果的にとても楽しく仕事をしております。

なぜ商社・ベンチャーではなくコンサルティング業界に?

では「なぜNRIに入社したのか」をお話ししていこうと思います。

私の仕事選びの軸となった目標は、一言で言うと「個人として価値を認めてもらう」ことでした。 私が就職活動をしていたのは、ちょうどリーマンショックが起こったときでした。外資系コンサルティングファームはそもそも新卒採用をしないとか、採用しても1人というような、そのような状況でした。 当時「100年に1回」などと言われていましたが、そうではないだろう、楽観視できないと思いました。 企業として仕事をもらうというより、一個人として生きていけるようにならなければと考えたのです。

そのための仕事選びの条件を3つ考え、それらの条件でコンサルティングファーム・ベンチャー・総合商社を比較し、私にとってはコンサルティング業界がよいと結論を出しました。

1つ目は「幅広い業界に通用する力をつける」。そうすれば特定の業界がなくなっても生きていけるからです。コンサルティングファームでは個人として経験できる業界が幅広いですよね。

2つ目は「人脈」です。就職活動などで、人に助けてもらうことが多くありました。人との繋がりは力になると感じたのです。そして、私が求めている人脈とは、ベンチャー企業や商社で得られる特定の層の人脈とは異なると思いました。

3つ目は、今挙げた2つが「5年以内に実現できる」こと。うかうかしているとリーマンショックのような出来事がまた起こるのではないかと思ったからです。一人前になるまでにある程度の年数が必要となる商社と比較して、コンサルティングファームには若手の裁量権があると考えたのです。

NRIには「自由」がある

質問者2

商社やベンチャーと比べた上でコンサルティングファームを選ばれたということでしたが、外資系コンサルティングファームと比べた上で日系コンサルティングファームを選んだ理由があればお伺いしたいです。

河邊

一言で言うと、自由度です。

NRIには、色々な人と仕事ができるチャンスが、業界・テーマ・国内/海外問わずあるので、何か自分の好きなことを見つけていける環境があるなと思いました。

中山

「自由」という点については「NRIの先輩社員がなぜ他のファームに転職しないのか?」ということにもつながっています。 以前、先輩社員の先輩に「別のファームから引き抜きは来ないのですか」と聞いてみたんです。より給与の高いオファーはあるとのことでした(笑)。

ではなぜ転職しないのですかと聞いたら「そんなことをしたら自由度が制限されるじゃないか」ということでした。 その人に対するオファーは、シニアマネージャーかマネージャーとして移るというものでした。おそらく「あなたは◯◯業界におけるプロジェクトリーダーとしての立場として活躍してください」ということを求められるのですよね。 しかし、その人は「プロジェクトリーダーだけでなく営業もやりたいし、◯◯業界だけでなく別の業界もやってみたい」ということでした。 そういった自由度がNRIにあるのだと思います。

「NRIの若手さんってよく喋りますよね」求めていた裁量権がNRIにあった

河邊

では、入ってみて実際どうだったかということもお話ししたいと思います。 いいか悪いかは捉え方によると思いますが、私にとってはよかったです。

まず「フラットな社風」です。若手でも、ロジックが通っていればものを言うことができます。20歳くらい歳の離れた社員とプロジェクトに入ったときでも、自分の考えを表明することが求められます。 お客さんからも「NRIの若手さんってよく喋りますよね」と言われることがあります。弊社では自分が作った資料は自分で説明するというルールがあるのですが、他社では、立場の上の人がプレゼンするというようなことが多いようです。さらに、そもそも打ち合わせに若手が同行しないというようなこともあるそうです。

2つ目は「裁量労働制」です。期日とクオリティを守れば自由に時間を使えます。家族が病気のときなど、早めに帰ったり家で仕事をしたりと、融通がきくので助かっています。

3つ目は「幅広い業界への影響力」です。常に流行りの業界の仕事ができます。私はAI、マーケティング・オートメーションといった自分の関心があるテーマに関わることができています。 しかし、幅広いこと・多数の業務に関われることは、裏を返すと、ただの「便利な人」になってしまう可能性もあり「自分は将来こうなっていきたい」という軸を常に考えておかなければいけません。

コンサルティングは”接客業”

河邊

コンサルティングは、本当に「接客業」だなと思います。お客さんの声が直に返ってきます。 いつも褒められるわけではありません。

「わかりにくいな、これ」「知ってることばかりですよ」「一ヶ月後にもう一度お願いします」 これらは実際に私が言われたことのある言葉です。 そのようなこともありますが、それでもお褒めの言葉をもらうために頑張っています。 例えば、約2か月の短期のプロジェクトに入ったことがありました。お客さんは2年くらい悩んでらっしゃったんですね。「こんなに早く結論が出るなら、2年前にお願いしておけばよかった」と言っていただきました。

他にも「河邊さんが来てくれてよかった」とか「引き続き河邊さんに取り組んでもらうための予算がちゃんと用意されているか確認しておきますね!」という言葉をいただきました。 つくづく、お客さんと人間対人間の関係を築いていく仕事だと思います。

(>>NRIでは2019年卒の新卒採用エントリーを開始しています。登録はこちら。)

(>>NRIでは2020年卒のサマーインターンエントリーを開始しています。登録はこちら。)

記事の トップへ戻る