【連載】コンサル採用担当の本音

皆さんは志望するファームのことを正しく理解できていますか?一口にコンサルティングファームと言っても、各ファームの特色や求める人物像は様々です。コンサル業界は就活生の人気が高く口コミも多いが故に、イメージが独り歩きしていることも少なくありません。シリーズ「コンサル採用担当の本音」では、日々多くの就活生と接している採用担当に、各ファームの特徴やカルチャー、学生が抱きがちな誤解について実態をお話しいただきます。

vol.1「自分の想いを実現できる人材」を育てる。NRI流の成長・育成環境と求めるマインド

話し手:株式会社野村総合研究所(NRI)経営戦略コンサルティング部門 採用担当

目次
1. シンクタンク発祥ながら民間向けが8割、海外案件3割。未来を創るNRIの経営戦略コンサルティング部門
2. ホワイトだから成長が遅いは誤解。評価するのは社内ではなくお客様という成果主義
3. 一人前のコンサルタントを育てるために、若手を顧客の矢面に立たせる
4. 「2年目のプロジェクトリーダー」を実現できる理由
5. 未来創発を掲げるファームとして、業界や社会にインパクトを与えられる
6. NRIで活躍できるのは、外向きの意思WILLを持ち、自ら挑戦を続ける人

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!