【コンサル就活】いくつわかる?フェルミ推定攻略に重要な数字一覧

この記事では、フェルミ推定を解くうえで押さえておくべき数字を一問一答式でまとめています。

フェルミ推定は、コンサルティングファームの選考ではケース面接等で頻繁に出題される問題です。

基本的な数字を押さえておくことで、非現実的な数字を出すことを防げるため、ポイントとなる数字を覚えて、実際の問題でうまく応用できるよう練習しましょう。

知らない数値を、知っている数値や自身の知識から仮定・計算できる思考力が何よりも大切になります。

目次

 

フェルミ推定については、フェルミ推定を理解する選考通過のためのフェルミ推定対策【例題の実況解説と NGパターン付き】などの記事も参考にしてください。

 

※下記の数値は、覚えやすいよう四捨五入して記載しています。
※全43問あります。わからないものは自分の知識から推定してみてください。
 

日本の人口に関する問題

 

Q1.日本の総人口は?


答えを見る(クリック)

 

Q2.年代別の人口割合-0~14歳(年少人口)は?


答えを見る(クリック)

 

Q3.年代別の人口割合-15-64歳(生産年齢人口)は?


答えを見る(クリック)

 

Q4.年代別の人口割合-65歳以上(老年人口)は?


答えを見る(クリック)

 

Q5.日本人の平均寿命は?


答えを見る(クリック)

 

Q6.日本の世帯数は?


この続きを閲覧するには、
会員登録が必要です

会員登録 / ログイン



 

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!