【戦略コンサル内定者監修】ケース面接を突破するための4ステップ

コンサルファームのケース面接を突破するための4ステップ

このページでは、外資系コンサルティングファームや投資銀行という人気業界で、もっとも難しいと言われる「ケース面接(インタビュー)」の解き方を、戦略コンサル内定者の意見をもとに以下の観点から紹介していきます。

目次

  • ケース面接ってどんなもの?
  • 例題付きで考えるケース面接を突破する4つの手順
  • よくある失敗例
  • ケース面接とは

    ケース面接とは、ボストン コンサルティング グループ(BCG)の説明によると、「さまざまな業界、分野での実際のプロジェクトに基づいた課題分析、課題解決などに関するディスカッション」だといいます。
    この選考は、コンサルタントに不可欠な知的好奇心傾聴力論理的思考力、さらにそれらを総合した頭の使い方などの資質を評価することを目的としています。
    実際の選考では、「あるコンビニエンスストアの売上を2倍にせよといったビジネスケースや「日本のノーベル賞受賞者の数を上げるには?」といった社会課題系ケースなど、突拍子もない質問が飛んでくることもあります。それでも臆せず、面接官の方とやり取りを重ねながら解決策を考えていきます。

    ケース面接に必要な能力についてはこちらをご覧ください。
    ケース面接で求められている能力とは

     

    ケース面接を突破する4つの手順

    それでは、早速ケース面接の解法を説明していきます。

    多くの場合は、以下の4つの手順で解いていくことが多いです。

    1. 確認

    このステップでは、ケース面接のお題の、①語句、②想定クライアント、③目標を、面接官に確認する、あるいは自分の中で定義していきます。

    【確認すべきポイント】

    • 語句:曖昧・多義的な語句があれば意味を確認する
    • 想定クライアント:誰からの相談かによって打ち手が制限されるため、問題解決の当事者を決める
    • 目標:定量的な目標を、対象エリア/タイムスパン/目標増加率を軸に決定する(特に「いつまでに達成するか」「年間の売上か一日の売上か」

    すぐに解こうとする方が多いですが、この「確認」のプロセスは、この後の指針を決める重要な作業です。ここで確認が浅いと、あとでお題を解いていく中で、問題の範囲が広すぎたり狭すぎたりして、それまでに考えてきた過程を再度ひっくり返して、定義し直すなどのタイムロスが起こる可能性があります。上記の語句、クライアント、目標の3つのポイントは必ず確認してください。

    それでは、「あるコンビニエンスストアの売上を2倍にせよ」という問題に対し、前章で用いた例を使用して説明していきます。前章の検討事項については、以下のように定義しました。

    • 語句の定義:売上高総利益[以下では粗利と表現する]
    • 想定クライアント:業界3位の郊外立地のコンビニエンストア
    • 目標:3年以内に年間の粗利を1.5倍にする

     

    2. 現状分析

    前章で状況の確認をしていますので、ここではその状況を分析していきます。ここでは、フレームワーク等を用いて、状況の構造を明らかにしていきます。

    まず、目標の「粗利の向上」の要因を考えていきます。この図では、粗利や原価、売上、客単価、客数のフレームワークを用いています。このように図示することで、問題解決への選択肢が見えてきます。この時点で、選択肢として購入点数、購入単価、人数、購入頻度、変動費、固定費の6つに絞られました。あとは残りの情報や条件を仮定して、課題を特定していきます。

    コンサルファームのグループディスカッション通過4原則

    関連:
    コンサル就活でよく聞く「フレームワーク」って何?
    戦略ファーム内定者直伝、選考通過のためのフェルミ推定対策【例題の実況解説とNGパターン付き】

     

    3. 課題特定

    前提を確認し、現状が図示されたので、どこに大きな課題があるのかを特定していきましょう。いくつかの問題の中から、解決ができる「可能性」が高く、解決すると「効果」が高い、課題を選択することが基本です。そのため、このプロセスでは、効果と実現可能性[コストやリスク]の2つの基準から判断します。それでは、先述の6つの要因を検討してみましょう。

    各要因の評価表
    効果 実現可能性 評価
    1商品単価 ◎ △
    2購入点数 ○ ○ ☆
    3人数 ◎ △ ☆
    4頻度 ◎ ○ ☆
    5固定費 ○ ×
    6変動費 ○ ×

    1の商品単価を上げることは、店舗全体の商品構成において、高価格商品の比率を上げて、低価格商品の比率を下げれば可能ですが、一方で廃棄リスクが高まります。また、現在プレミアムブームが流行としてあるとは言え、顧客が高価格商品をコンビニエンストアで頻繁に購買する姿は想像しにくいです。

    2の購入点数は、ついで買いや衝動買いを促すような商品配置や棚のデザイン、POP広告など選択肢が幅広いです。また、コスト面でも、施策によって柔軟性があり、各店舗のレベルでもできる範囲の選択肢も多いため、1つ目の課題といえます。

    3の人数を増やすことが、効果が高いことは異論がないでしょう。しかし、競合環境が厳しいコンビニ業界で3位である点、コンビニ自体が差別化しづらい点から、新しく顧客を引っ張ってくることは難しいでしょう。一方で、個店レベルでも広告チラシの配布や、ディスカウントなどの新規開拓を狙う戦略は打つことが出来ます。もちろん、これらの施策はコストがかかりますが、売上を2倍する目標から見てもある程度選択肢として考慮する必要があると思います。そのため、これを2つ目の課題とします。

    4の頻度を上げることは、人数を上げることと変わらず効果が高いです。また、購入点数と同様でさまざまな選択肢の可能性があると考えます。サービスレベルの向上や、魅力的な売り場づくりを通して、来店頻度を高めることが十分可能です。そこで、これを3つ目の課題とします。

    5の変動費と6の固定費は、個店レベルで意思決定できる問題ではないです。しかし、このお題のコンビニエンスストアの本社が主語だった場合、安い原料で商品を製造することによる変動費の削減や、本部機能を事業所に移転することで固定費の削減などの施策は可能です。
    上記より、2の購入点数、3の人数、4の頻度が課題とします。

     

    4. 解決策提案

    最後の「戦略提案」のフェーズでは、特定された課題に対して解決策を提案します。このプロセスでは、2つのステップを踏む必要があります。1つ目は、戦略立案する段階です。前章で特定した課題に対して、最初に確認した情報や自分の知識と経験、さらに面接官とのやり取りを通して、解決策を考案いたします。しかし、自分の考え方を盛り込んでください。これは面接ですので、単に当たり前の答えを導き出すだけではなく、あなたの創造性やアイデアを生み出す能力も見られているからです。もちろん筋が通っていることが大前提ですが、多くの優秀な学生の中で埋もれないためにも、周りと差別化していくことは選考突破の秘訣です。
    2つ目は、解決策の評価です。この評価には再度効果と実現可能性の視点から考えていきます。その上で、複数ある解決策の優先順位を付けていきます。
    それでは、具体例の続きを考えていきましょう。

    購入点数の課題には、各カテゴリーに毎週おすすめ商品の紹介を提案します。意図は、衝動買いの促進です。購買を意図的な購買と衝動的な購買で分解した時、コンビニエンストアはすでにATMやチケット販売、宅急便などそれ自体が目的になるサービスを数多く提供しています。そこで、コンビニエンスストアの商品を知り尽くす現役の店員がおすすめの商品を提案することで、意外性や新しさを提供し衝動的な購買を促します。
    人数の課題には、3月4月にディスカウント[商品の割引クーポンの配布]の実施を提案します。なぜなら、この時期は職場や学校の環境も変わるため、ライフスタイルが一番変わる時期だからです。また、一般的にその地域に新しい住人がもっとも増える時期でもあります。この変わり目の時期に、ディスカウントを通して、来店目的を意図的に生み出して、彼らの生活に食い込める絶好の機会だと思います。
    頻度の課題には、常連への商品紹介を提案します。この店舗が特定の顧客に対して、その人の嗜好に合った新商品やオススメ商品を提案することで、この店への愛着を高めて、来店頻度の向上を狙います。意外性や面白さの点ではそうでもないですが、筆者なりの理由づけから、1店舗のレベルでできる提案を考案しました。

    それでは、最後に解決策を評価します。

    解決策評価
    効果 実現可能性 優先順位
    毎週オススメ商品紹介 ○ ◎ 1
    ディスカウント ◎ △ 2
    常連への商品紹介 ○ △ 3

    毎週オススメ商品の紹介は、店員にオススメ商品を聞き、POP広告を作成して、売り場に装飾を加える程度ですので、コストはそれほどかからないため、〇。一方で、そのような行動を実施しているコンビニはまだ少ないので、一定の効果が見込めるため、〇。
    ディスカウントは、一度実施すれば、認知度は大きく上がりますので、効果は◎。しかし、クーポンによって、売上が直接的に減りますので、コストは高いため、△。
    常連への商品紹介は、その顧客だけのサービスを提供することで、特別感を演出できるため、一定の頻度の向上が見込めますので、効果は○。一方で、各常連客の情報の把握と共有、さらに提案商品の選定はかなり手間がかかることが見込めますので、コストは△。
    総合的に評価した結果、優先順位は毎週オススメ商品の紹介→ディスカウント→常連への商品紹介という順番になります。
    今回のケース解法では、実現可能性と効果の2つの視点で解決策を評価しましたが、解決策をもっと詰めていきたいと思う方は「時間」という視点を加えることを勧めます。他の問題では、時間指定(1年で、3年で等)があります。その際に、施策が短期的に効果を挙げられるのか、長期的な効果を挙げられるのかは重要になってくると思います。また、企業の成長がお題なら、短期的な利益と長期的な利益の両方をバランスよく打ち出す必要があります。

    よくある失敗例

    コンサル就活生の失敗例として以下の二点から解説していきます。

    • 勉強が足りない人の失敗例
    • 勉強を徹底した人の失敗例

    勉強が足りない人の失敗例

    「前提確認をおろそかにする」

    前提確認は徹底しましょう。ただでさえ時間が限られているケース面接の中で、求められていない回答の方向に進んでしまっては時間内の回答は無理でしょう。まずは問題の意図を確認するようにしましょう。その上で余裕があったら「そもそもなぜこの問題をやるのか」を考えられるとベターです。

    「適切な立式ができてない」

    フェルミ推定・ケース問題の勉強はある程度しておきましょう。適切な立式ができないと、課題がどこにあるのかが見えてこないため、アイデアベースの施策でゴリ押しせざるをえなくなります。

    勉強を徹底した人が陥る「フレームワーク病」「自己中」

    「フレームワーク病」

    これは、ケース面接やフェルミ推定の勉強を真面目に取り組み、フレームワークを勉強するあまり、自身の思考力を使わず、すぐにフレームワークを使ってしまう失敗例です。
    具体的な結末として、
    ・細分化しすぎて時間が足りなくなる
    ・別の観点からの意見が出せない
    といったものが考えられます。

    後者についてより詳しく解説すると、例えば、「売上向上」について議論する際、イシューツリーを用いて「販売量を増やす」か「価格を上げるか」の二つに分岐させた段階でどちらにするか議論してしまうケースです。「供給」側のことしか考えられておらず、「需要」側のことが考えられていません。別の観点から考えるには、自分が問題に関わるステークホルダーの立場になりきって考えてみることが大切です。「売上向上」を考える際には、少なくとも「店舗」「客」「仕入先」などの立場が考えられます。

    フレームワークは確かに強力ですが、用いる前に本当にその切り口が適切かどうか自身で考えることが重要です。

    「他者の意見を聞けない」

    これは、自分の考えに自信を持つあまり、相手の意見を議論に取り入れることができない失敗例です。
    コンサルティングは、チームで課題解決に取り組むことがほとんどです。自分が理解できない考えを無視するのではなく、理解しようとする姿勢と、その意見が良いものであれば議論に取り入れようとすることが大切です。
    ケース面接では特に面接官との対話が重要です。面接官の意見を受け入れるばかりでも反論するばかりでもなく、うまく折衝することが重要です。

    関連
    ケース面接で覚えておくべき9つの事

     

    最後に

    冒頭でも述べましたが、ケース面接では経営コンサルタントの資質が問われています。実際のコンサルタントの仕事の大部分は、ケース面接のように、問題を特定し、それに対して、いかに有効な打ち手を考えられるかという点です。
    そのために、問題の文脈を理解する、分解する、創造的な解決策を思いつく、評価する、プロセスを繰り返し続ける体力と知力が重要なのです。コンサル業界では、このプロセスを「知的格闘」と言うことがあります。数十分の短い選考の中で、コンサルタントに求められる、知的格闘力を持っていることを、面接官にアピールすることを忘れてはいけません。

    また、コンサル就活を進める上ではどの場面でも「ロジカルシンキング」の力が試されます。ロジカルシンキング系のスキルは必ず身につけておきましょう。対策としては、ロジカルシンキング関連の書籍を読む(オススメは『考える技術・書く技術』です。マッキンゼーでライティングを教えている方が書かれた本です)、または就活支援企業のロジカルシンキングの無料セミナー(元コンサルが主催しており、演習なども行われ分かりやすく体系的に学べました)などを利用しましょう。

    おすすめ記事>「ロジカルシンキングって、結局何なの?〜ピラミッド構造から学ぶ3原則」

    ※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

    関連ファーム情報

    コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

    [ 判断推理問題 ]

    夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

    選択肢を見て回答する

    いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!