【外コンBARふぁくろじ】コンサル選考対策ワード「アメーバ経営」を具体事例で分析

外コンBARふぁくろじ

 

就活中の東大生・ムツオがサマージョブ後に連れていかれたのは、外資コンサル出身のバーテンダー・リサが店主を務める“外コンBARふぁくろじ”。どこかで会ったことありませんか、そう尋ねるムツオに、彼女は今夜もささやく。「知ってた? 私は『アメーバ経営』が分からない男なんて、願い下げよ。」

 

第31夜:充実した研究開発と徹底した管理会計戦略で、不況が起こるほどに成長を遂げる「ディスコ株式会社」が凄い

 

コンサルティング案件で、これはもう絶対やりたくないって思う時はないんですか?

パートナーから案件を引き受けたときに、「これは当分帰れない」って覚悟する時はあるわね。

リサさんが遠い目をしている……

たとえば、もし「この会社の業績を改善してください」って案件があったらどう?

3社業績改善前

そ、それぞれ根深い課題を抱えてそうですね……

今ある情報だけで各社を分析するとどう?


この続きを閲覧するには、
会員登録が必要です

会員登録 / ログイン


※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!