【外コンBARふぁくろじ】コンサル選考対策ワード「ROE・ROI」を具体事例で分析

外コンBARふぁくろじ

 

就活中の東大生・ムツオがサマージョブ後に連れていかれたのは、外資コンサル出身のバーテンダー・リサが店主を務める“外コンBARふぁくろじ”。どこかで会ったことありませんか、そう尋ねるムツオに、彼女は今夜もささやく。「知ってた? 私は『ROE・ROI』が分からない男なんて、願い下げよ。」

 

第6夜:圧倒的なROEと、大企業の2社に1社を顧客に持つ「株式会社ベネフィット・ワン」が凄い

 

新しいカクテル用意したの。シンガポール・スリングっていう、ジンとチェリーブランデーの甘ほろ苦いカクテル。飲む?

さくらんぼを添えて出すんですね……

今さくらんぼ見て、「果実(かじつ)」だな、って思ったでしょう。

なんで僕の考えてることが分かったんですか!!

前にあなた法学部って言ってたわね。それにそのボサボサの髪と肌荒れ。相当やつれてるから、テストが終わった直後かしら。そして見るものすべてが法律用語に見えてくる。

もう企業分析のことなんてどうでもよくて、今はテストも終わったし羽を伸ばしたい……

「ベネフィット・ワン」って会社知ってる?

香澄さん、今日くらい企業分析は休ませてくださいよ! えーっと、日本語訳すると「利益1番」?

さくらんぼと同じ赤いロゴの会社なんだけど、とにかく収益がすごい会社なの。

収益って、もちろん法律学的な”果実”のことじゃないですよね。

そう、ここで言いたいのは、ROEのこと!

 

ベネフィット・ワンが優良企業である3つの理由

  1. ROE23%(2015年度)の圧倒的な収益性
  2. 5期連続で過去最高益を更新、2015年度は経常利益前期比29%増
  3. 東証一部上場企業・公務団体(官公庁ほか)で46%のシェアを誇る

 

うーん、ベネフィット・ワンなんて会社聞いたことないし地味そう……

あなたは将来コンサルタントになりたいんでしょう?本当にコンサルに受かる人は、コンサル業界オタク、じゃなくて戦略オタクよ。

確かに、日本のトップ企業や官公庁でほぼ2社に1社が使ってる、なんていうシェアの会社なら、戦略分析のしがいがあるかも。

あら私、素直な子は好きよ。

ただ企業分析してみたいだけですってば!

 

ROE23%(2015年度)の圧倒的な収益性

 

ROEは、ざっくり言うと「企業の収益性」を表す数字のこと。大体の場合、高ければ高いほど効率的に利益を上げることができている状態を表すわ。

リサさん、ROEって何ですか?QEDなら受験で習いましたけど……

知ってた? 私は『ROE・ROI』が分からない男なんて、願い下げよ。

ええっ、そんなあ……僕に教えてください! きっと選考にも役立つと思うんです!

 

コンサル選考対策ワード

「ROEとROI」

ROE(Return On Equity)は、どれだけ効率的に利益を生み出しているか、つまり経営の効率性を表す指標。当期純利益を株主資本で割った比率で表され、ROEが高い企業は、株式投資をした際により多くの利益が生み出せると予測できます。会社全体の評価指標としてよく利用されています。

ROI(Return on Investment)は、投資額全体に対してどれだけのリターンがあったのかを示した値です。ROEが株主資本を元にしていたのに対し、ROIは株主資本+有利子負債を元にどれだけ利益を生み出せているかが分かります。会社全体ではなく、一つ一つの事業を評価する際に利用されることが多い指標です。
 

でもROE23%って、高くない気がします。

基準値も定めずに、高低を判断するなんて、悲しいほどロジカルじゃないわね。

すみません!じゃあ、日本企業のROE平均と比較するっていうのはどうでしょうか?

いい考えね。

 

ROEとは

 

過去数十年の値を平均すると、日本のROE平均は5%程度。10%を超えたら優良企業だって言われるくらいなのに、20%もあったら相当高いわね。日本の上場企業の中でも、ROE20%超えしている会社は1割以下なの。

ROE20%超えは超優良企業、ってことだったんですね!

 

5期連続で過去最高益を更新、2015年度は経常利益前期比29%増

 

利益については前回教えたわね。

はい、香澄さんの説明がとても分かりやすかったです!

うふふ、じゃあ、あなたが私に説明してみて。

そんな……えっと、5年連続で「営業利益額」が過去最高になって。

いい調子よ。

経常利益が29%増ってことは……単に利益が上がっているだけじゃなくて、ものすごく効率的に利益が上がる経営をしているってことで、どうでしょう?

正解!

……

いま、褒めてもらえて嬉しい、って顔してるわよ。

だから、何で僕の考えてることが分かるんですか!

 

東証一部上場企業・公務団体(官公庁ほか)で46%のシェアを誇る

 

アメリカで有名な経営戦略論の研究成果に「シェアが10%大きくなると、ROIは5%増える」というものがあるの。

つまり、シェアが大きくなればなるほど収益率があがるってことですか?

そう。PIMS研究といって、アメリカのゼネラル・エレクトリック、ハーバード大学、戦略計画研究所で1960~1980年代に行われていた、今なお色褪せない経営戦略論の研究成果よ。

 

PIMS研究に基づく、市場シェアとROIの関係性

 

シェアが40%を超えると、特にROIが上昇しますね。

ベネフィット・ワンはROEが高くて経営が効率的という話をしてきたけど、その大きな要因のひとつが高いシェア。しかも、一度大企業を顧客にしてしまえば、それ自体が信用になって更に新しい顧客を得ることができる。このサイクルがベネフィット・ワンの成長の源泉ね。

ROEとROIの違いは考慮しなくてもいいんですか?

正確には異なるんだけど、ベネフィット・ワンは単一の事業が収益のほとんどを占めるし、無借金経営で長期有利子負債もないから、ほぼROI=ROEと考えても大丈夫よ。

そう言えば、ここまで財務的に分析してきましたけど、まだベネフィット・ワンが何の会社か教えてもらってません。

何の会社だと思う?

うーん……すごく効率的に経営していて、大企業からの信頼も厚いってことは、金融系の真面目なビジネスでしょうか。

聞いて驚かないでね。ベネフィット・ワンは、「福利厚生のアウトソーシング」で名を馳せた企業なの。

福利厚生って、会社の保養所とか、千葉のテーマパークに安く行けたりとか、っていうあれですか?

その通り。バブル時代はどの会社も自社の保養所があってものすごく充実した福利厚生を提供していたんだけど、日本経済が冷え込んで多くの企業がコストカットに見舞われた。

1歳のころ家族でハワイの保養所に行ったことがあるらしいんですけど、もう無くなったから行けないって親から聞いたことがあります。

福利厚生の削減が行われていたちょうど同じ時期、まだホットペッパーがスタートする何年も前に、「ユーザーが月額数百円を払えばホテルや映画館・マッサージ・飲食店などを安く利用できる」っていう有料会員制のマッチングビジネスを企画した人もいて、その人は有料会員をどう増やそうかで悩んでいた。

僕もスマホゲームは無課金派です。有料会員数を増やすには相当苦労しそうですね……

そこで、有料会員数を1人1人増やすのが難しいなら、「何百人もまとめて会員にすればいいじゃない」と考えたの。

1人ですら増やせないのに、何百人もまとめてだなんて……あ!

気づいた?ホテルや旅館・マッサージなどをまとめたサービスだから「福利厚生の代わりになって、しかも安いですよ」とコストカットにあえぐ大企業に売り込んで、社員をまるごと会員にしてしまった。しかも、一度有料会員になったら、企業はスイッチングコストがあるからなかなか解約しない。その結果、現在では総会員数785万人ものストックビジネスへと成長したのよ。

 

サービス毎の有料会員数

 

そうか、最初から福利厚生ビジネスをしようと思ったんじゃなくて、有料のサービスマッチングビジネスを企画して、その効果的な営業ターゲット先が「企業の福利厚生部門だった」ということなんですね!

もし、最初からベネフィット・ワンの具体的な事業内容を教えてもらってたら、興味持てたと思う?

きっと、地味そうだからとやる気を無くしていた気がします。

これから企業分析するときは、事業内容で先入観を持つんじゃなくて、まずは数字を見て事実から入ること。データに基づいて考えるのは、コンサルティングの基本よ。

はい……頑張ります!

はーあ疲れた。カクテル、ひとくちもらうね。

えっ…

ほら、もうこのカクテルのさくらんぼが、果実(かじつ)じゃなくて「ROE」に見えてきたでしょう?

も、もっといろんな企業のROEを比較してみたいです!

何焦ってるの、飲んだふりよ。次の会社(カクテル)はまた今度ね。

 
シンガポール・スリング
【今夜のカクテル】シンガポール・スリング
ジン、レモンジュース、砂糖をシェイクして氷の入ったグラスにそっと注いでから、ソーダで割って最後にチェリーを乗せる。レモンを一緒に添えて出すお店もあるわ。もうこれをドリンクリストで見たら、ROEにしか見えないでしょ?
 

選考情報・詳細を希望する

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!