大石哲之氏 – アクセンチュア出身の著名人【1】

このページではアクセンチュア出身の著名人を紹介したいと思います。ここではビットコインの研究家でもあるビジネスコンサルタントの大石哲之(おおいし てつゆき)さんを紹介します。日本デジタルマネー協会の理事も務めており、ロジカルシンキングなどを扱うビジネス関係の書籍でも大きく成功している方です。TV出演やブロガーとしての活動も精力的に行っています。

経歴

1975年東京生まれの大石さんは慶応大学卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社し、戦略グループ所属に所属しました。退社後、株式会社ジョブウェブを創業し、副社長を勤めています。その後、個人事業主でのコンサルタント活動を経て、株式会社ティンバーラインパートナーズを設立し代表取締役(現職)を勤めています。著作活動で成功しブロガーとしても活躍し、現在は仮想通貨関連の事業をメインの活動としています。

ビットコイン研究家としての活動

仮想通貨でグーグル検索をすれば必ずヒットするくらい、この分野では有名な方です。デジタルマネー協会の理事を勤めており、自らの活動をビットコイン・エヴァンジェリストと称しています。エヴァンジェリストとは伝道師のことで、多くの一般市民にビットコインの可能性と革新性を伝える活動に精力的に取り組んでいます。ビジネス書籍でも大きく成功収めている大石さんですが(代表作「コンサル一年目が学ぶこと」は四万部を突破中です)、その説明のわかりやすさには定評があります。ビットコインというわかりにくいものをわかりやすく説明することに注力した著作(「ビットコインはどのようにして動いているのか?」など)は人気を博しており、ブログでも日々ビットコインの最先端を追い続けています。解説者としてTV出演を行うなどもしており、まさにビットコインの伝道師と言ってよいでしょう。

ノマド研究家としての活動

ノマドとは、英語で遊牧民を意味する単語です。転じて、IT機器を駆使し、オフィス以外で働く人を指す言葉として定着しています。会社に勤めず、自由に時間・空間関係なく働ける新時代のワークスタイルとして注目されています。を背景には情報化社会とそれを支える技術の進展が有りますので、まさにビットコインと親和性のある概念でしょう。大石さんはノマド研究所を設立して日々その可能性を模索しています。最終的には世界中のノマドによる独自の経済圏を作ることを目標にしているコミュニティで、シンガポール、北米、インド、ベトナム、パナマ、ヨーロッパ、インドネシア、カンボジアなど、いろいろな場所で暮らしたり、ビジネスをしたりしている会員が400名以上在籍しています。

以上、ITに強みを持つアクセンチュアらしい、最先端をいく研究家・著作家として活躍している大石さんですが、かなりの数の著作を出しており人気作も多いので一読してみると良いかもしれません。上述の「コンサル一年目が学ぶこと」はアクセンチュア在籍者によるとアクセンチュア一年目に実際に学ぶことを非常に分かりやすくまとめたものなので、選考や実車異界に出た時にも使える実用的なスキルを身につけることができるでしょう。また、近年ホットなトピックであるビットコインについても様々な著作、ブログ記事がありますので是非参考にしてみてください。

 

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!