リブ・コンサルティングの選考/採用情報

このページでは、リブ・コンサルティングの選考フローと採用情報について簡単に紹介します。

「そもそもリブコンから内定を得るためにはどんな試験を突破しなければならないのか?」
「リブコンを受ける人ってどんな人?」
「リブコンの企業研究って何をすればいいの?」

といった疑問にお答えします。

目次

選考フロー
採用時期と回数
選考の難易度
企業研究

選考フロー

インターン選考

 

インターン参加後

 

エントリーシート

はじめにESの提出を求められます。21卒選考の設問内容は、「学生時代に力を入れたこと(200文字)」と「仕事をする上で大切にしたいこととその理由(300文字)」の2つでした。制限文字数が両設問とも、かなり少ないので、簡潔に書くことが重要になります。一般的なES対策については、エントリーシート対策記事を参照してください。

WEBテスト

WEBテストは、独自問題を使用しており、計数は図形問題と判断推理問題が、言語は、センター試験の国語に似た問題が出題されます。制限時間がかなり短いのでスムーズに解いていくことが重要です。

1次面接

ここでの面接は社員1:学生3程度の集団面接です。質問内容は自己PRと就活の軸についてがメインで、深堀りでかなり鋭い質問をされます。深堀りで詰められても、焦ることなくしっかりと答えることが重要です。面接の対策をしたい方は、面接対策記事を参考にしてください。

グループディスカッション

1グループ4~5人で、21年卒選考のお題は「成長できる会社、環境とは」と「外国人採用についてどう思うか」の2つでした。リブコンのGDでは、答えをグループで1つにまとめることなく、GDを踏まえた自分の意見を個人で発表していくので、GD中にどんな内容で発表するかを自分の中で考えておく必要があります。GDに関する基本的な対策方法についてはグループディスカッション対策記事を参照してください。

インターン

リブコンのインターンでは、独自の経営シミュレーションゲームと課題解決ワークを行います。課題解決ワークでは、最後にプレゼンもあるのでプレゼンのやり方を知っておくと良いでしょう。インターンに参加する学生はかなりレベルが高い人が集まるので、その中で自分の価値を出すことが難しくなります。その中で、価値を発揮するにはどうすれば良いかを考える必要があるでしょう。インターンの対策をしたい方は、インターン/ジョブ対策記事を参考にしてください。

役員面接

役員面接は過去から現在までの深堀りと、ケース面接がメインです。過去から現在までの深掘りでは、リブコンとマッチする人材かどうかを見られています。ケース問題は、他ファームに比べると比較的簡単なので、一般的なケース問題対策をしていれば大丈夫でしょう。ケース面接の対策をしたい方は、ケース対策記事を参考にしてください。

実務選考

リブコンの選考では1ヶ月〜1ヶ月半ほどの実務選考が課されます。課題は、プレゼン、提案内容をパワーポイントを使用して作成します。社員さんから随時フィードバックをいただけるので、それを活かして進めていくと良いでしょう。他人や、選考を受けている学生と情報交換をすることは禁止されているので注意が必要です。

最終面接

最終面接は代表との1:1の面接です。役員面接と同じく、過去から現在までの深掘りをされます。他にはコンサル業界を志望する理由や、リブコンを志望する理由、今後なりたい姿などを聞かれます。リブコンを志望する理由については特に重要になるので、ここまでの選考などを使って企業分析をすることが必要です。また、逆質問の時間も用意されているので、内容を考えていくのはかなり重要になります。

 

採用時期と回数

リブコンの選考は夏、春の2回に分けられます。まず、9月頃にインターンを行い、11月頃に内定が出されます。21卒の夏選考では実務選考が行われていないので、選考期間は春専攻よりも短いです。春選考は、12月〜1月にかけて選考が開始し、2月頃にインターン、3月〜4月にかけて実務選考がを行なわれ、5月頃に内定が出されます。

 

選考の難易度

選考の倍率

リブコンでは、10~15名ほどの新卒学生を採用しています。MBBやその他の戦コンに比べると知名度は劣りますが、2019年にはサッカー選手のイニエスタを使った広告を配信するなど、広報に力を入れています。顧客満足度90%など、元々力のあるファームなので、今後受ける学生数は増加し、倍率は高くなるでしょう。

選考を受ける学生層

東大からMARCH、海外大等幅広いレベルの学生が選考を受けています。しかし、内定している学生は、東大、早慶の学生が多い印象です。そのため、ある程度の学歴は必要になってくるでしょう。

 

企業研究

リブコンに限らず、コンサルティングファームの企業研究を行なうのは困難です。本で情報を集めることは難しいため、当サイトなどの情報サイトを活用することをオススメします。

企業情報

ファーム名 株式会社リブ・コンサルティング
所在地 東京オフィス:東京都千代田区大手町1丁目5-1
大手町ファーストスクエア ウエストタワー 20階
大阪オフィス:大阪府大阪市淀川区宮原4丁目1-45
新大阪八千代ビル 10階
設立年 2012年


リブコンは、「100年後の世界を良くする会社を増やす」をミッションに掲げ、経営コンサルティング・サービスを提供するファームです。クライアントは、中堅・ベンチャー企業が中心で、戦略策定から実行サポートまでクライアントの成果にこだわって行っています。成果にこだわるそのスタイルにより、顧客満足度90%というコンサルティングファームとしては異例の数字を叩き出しています。未来を支えるベンチャー企業とともに自分も成長していきたいという方にオススメのファームです。

企業の公式ホームページにも企業研究に役立つ情報が掲載されていますので、併せてチェックしてください。

個別のセミナーや説明会

リブコンでは、WEBセミナーが行われています。インターンシップに参加するためには、セミナーへの参加が必須となりますので、少しでも気になる方は参加してみてください。詳しくは公式採用ページをご覧ください。

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!