三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)の選考/採用情報

EXE 第9期生 募集

このページでは、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)の選考フローと採用情報について簡単に紹介します。

「そもそもMURCから内定を得るためにはどんな試験を突破しなければならないのか?」
「MURCを受ける人ってどんな人?」
「MURCの企業研究って何をすればいいの?」

といった疑問にお答えします。

目次

選考フロー
採用時期と回数
選考の難易度
企業研究

選考フロー

 

Webテスト

テストセンターで受験するSPI形式のWebテストです。所要時間は1時間ほどで、試験科目は言語・非言語・構造把握・性格検査です。SPIの対策をしたい方はWebテスト分析・対策 -SPI編-をご覧ください。

エントリーシート

21卒の書類選考の設問は以下の通りです。

  • 今まで力を入れて取り組んだ内容を紹介しながら、あなたがどのような人物であるか教えてください。(500字以内)
  • 大学・大学院における専攻分野とその内容を教えてください。※研究概要、論文実績、ゼミ等(250字以内)
  • 当社の志望理由と、入社後に当社で実現したいことを教えてください。(500字以内)
  • 上記で表現しきれないあなたの魅力を教えてください。(250字以内)

1次面接

1次面接は社員1-2人に対して学生1人の個別面接です。最終面接前の面接の回数は人によって異なり、2回行う人もいるようです。質問内容は

  • 学生時代に頑張ったこと
  • コンサルおよびMURCの志望動機
  • 就活で考えている業界
  • 就活の軸
  • 入社したらやりたいこと

のような一般的なものが多いようです。一般面接の対策をしたい方は、面接対策記事をご覧ください。

最終面接

最終面接は人事部長と学生1人の個別面接です。質問内容は1次面接と同様です。穏やかな面接のようですが、しっかりと考えを伝えられるように準備しましょう。

 

採用時期と回数

MURCでは一般的な日系企業同様に3月頃からエントリーが始まりますが、通年採用も行っています。ただし、採用枠が埋まり次第募集を終了するようなので、選考を希望する方は早めにエントリーすることをお勧めします。詳しくは、企業の公式ホームページをご確認ください。

選考の難易度

選考の倍率

採用人数は研究員と合わせて30名程度と少ないため、倍率はある程度高いと言えるでしょう。

選考を受ける学生層

東大京大などの旧帝大や早慶の学生が多いようですが、MARCHなど幅広く採用しているようです。
 

企業研究

MURCに限らず、コンサルティングファームの企業研究を行なうのは困難です。本で情報を集めることは難しいため、当サイトなどの情報サイトを活用することをオススメします。

企業情報

ファーム名 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー
設立年 1985年


 
三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、三菱UFJフィナンシャル・グループの一員として、シンクタンク・コンサルティング業務に取り組むことができることが強みです。また、三菱UFJフィナンシャル・グループが既に取引のあるクライアントを、三菱UFJリサーチ&コンサルティングのシンクタンク・コンサルティング業務の提供先として視野に入れることができるのも特徴のひとつです。このように考えると、サービス提供先は(潜在的な提供先も含めると)「本邦随一と言っても良いほど非常に大きなもの」であるといわれています。

企業の公式ホームページに企業研究に役立つ情報が多数掲載されていますので、併せてチェックしてみてください。
 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!