山田コンサルティンググループ(YCG)の選考/採用情報

このページでは、山田コンサルティンググループ株式会社(旧:山田ビジネスコンサルティング株式会社)の選考フローと採用情報をまとめています。

「そもそも山田コンサルティンググループから内定を得るためにはどんな試験を突破しなければならないのか?」
「山田コンサルティンググループを受ける人ってどんな人?」
「山田コンサルティンググループの企業研究って何をすればいいの?」

といった疑問にお答えします。

目次

選考フロー
採用時期と回数
選考の難易度
企業研究

 

選考フロー

 
山田コンサルティンググループの選考は上のようなフローで行われます。特徴は、
・グループディスカッション(GD)の選考が行われない
・説明会への参加が必須である
といった点が挙げられます。

 

選考フローの詳細

山田コンサルティンググループから内定を獲得するためには、上のような選考フローを突破する必要があります。web適性検査では、独自問題が実施され、図形問題やクリエイティブ系の問題など独特な問題があるので、注意が必要です。その後の面接では、1次面接でケース面接と一般面接が同時に実施されます。ケース面接の対策は必須となるので、

  • 「ケース面接」という言葉に馴染みのない人は、『どうすればコンサルタントになれますか?』に書かれている、ケース面接やフェルミ推定についての解説を参照してください。
  • ケース面接について知ってはいるが、さらなる上達方法を知りたいという方は、『フェルミ推定やケース問題ができるようには?』という記事で訓練方法やおすすめの本などを紹介しているので、参考にしてください。また、面接官とのコミュニケーションにおいては非言語スキルや自分でも気づいていないような癖やマナー違反などを意識する必要があるので、頭の中で練習するのではなく、なるべく実践に近い形で練習を重ねることが望ましいです。セミナーを実施している就活支援企業のケース面接無料講座・演習を用いる人が多いので、こちらも推奨します。
  • 各選考について、対策にどれくらい時間がかかるのかについては『コンサルの選考対策にどれくらい時間がかかりますか?』にて、ケース面接やフェルミ推定の対策にかけるべき時間や、いつごろから対策をすれば良いのかを解説しています。

 

本選考は3月頃から

プレエントリーと説明会が3月の上旬頃から開始されます。夏にはインターンシップが開催され、それに参加すると早期選考に呼ばれることがあるようです。早期選考では、11月頃に内定を獲得できます。なので、夏のインターンシップには、参加することをオススメします。

 

選考の難易度

選考の倍率

山田コンサルティンググループでは、毎年、経営コンサルタント職の新卒を30名程度採用しています。他のコンサルティンググループに比べると、採用人数は少なめです。そのため、倍率は高くなることが予想されます。

 

選考を受ける学生層

過去の採用実績としては、東京大学からMARCHまで幅広く採用しています。また、山田コンサルティンググループの選考を受ける学生は、他の外資総合コンサルファームなどを受けている学生が多いことから、学生のレベルは高いことが予想されます。

 

企業研究について

一般面接では、志望動機等に対して深掘りをされるため、どれだけ企業理解ができているかは必然的に見られていると考えられます。また、ESに関しても、その後の選考結果に影響します。これらを踏まえると、エントリーの段階で企業について理解をしたうえで、志望理由を明確にしておく必要があります。不明な点はできるだけ早い段階で整理し、説明会等で具体的な質問ができるようにしておきましょう。

 

企業情報

ファーム名 山田コンサルティンググループ株式会社
所在地 東京本社:東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館10階
大阪支店:大阪府大阪市中央区伏見町4-1-1 明治安田生命大阪御堂筋ビル(L.A.タワー)12階
名古屋支店:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3 JRゲートタワー41階
京都支店:京都府京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町20 四条烏丸FTスクエア9階
神戸支店:兵庫県神戸市中央区磯上通8-3-5 明治安田生命神戸ビル11階(受付6階)
広島支店:広島県広島市東区二葉の里3-5-7 GRANODE広島6階
九州支店:福岡県福岡市中央区天神2-14-8 福岡天神センタービル6階
東北支店:宮城県仙台市青葉区中央1-2-3 仙台マークワン11階
設立年 1989年

 
山田コンサルティンググループのメインクライアントは中小企業であり、事業再生の案件が多いという特徴があります。また、日系の企業ではあるが、欧米のコンサルティングファームと提携を結び、今後本格的に海外進出をするようです。海外進出に関わりたい人にとってもオススメの企業となっております。

 

個別のセミナーや説明会

山田コンサルティンググループでは、説明会への参加が必須となります。参加しないと、本選考を受けることができないので、参加しましょう。詳しくは公式ホームページをご覧ください。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!