【19卒対象】スカイライト コンサルティングのインターン/ジョブ対策まとめ

このページでは、スカイライト コンサルティングのインターン/ジョブ情報についてご紹介します。

スカイライト コンサルティングは、国内系コンサルティングファームの1つであり、顧客とともに成長していく、顧客に寄り添ったコンサルティングを掲げ、成長を続けているファームです。また、近念ではベンチャー支援や起業支援に力を入れてることが特徴です。

 

夏インターン

日程

最新の情報は選考カレンダーを参照してください。

 

応募資格

大学生・大学院生の方
※学年・学科・国籍不問

 

座談会+書類選考

スカイライト コンサルティング本社において、座談会が行われます。座談会の内容は会社説明+実際の社員との雑談で、選考という雰囲気は受けませんでした。そのため、書類が中心になって選考が行われているものと思われます。ただし、この場は社員の話を聞ける貴重な場であることには違いないので、しっかりと話を聞いて今後の選考に活かしましょう。

 

面接

面接は一般的なものであり、コンサルティングファームではあるものの「ケース問題」は出題されません。具体的には、インターンの志望動機や、何を学びたいか、学生時代頑張ったことなどを聞かれます。一つひとつのこちらの回答に対して深掘りがなされる可能性がある点には注意しましょう。

 

インターン内容

インターンシップ

調査分析からビジネスプランの策定、実現性の検証、実行計画の立案といった、一連のコンサルティング業務の流れを弊社方法論「WayMark」をベースに体験していただきます。顧客にとって価値ある提案を考え抜き、経営者や現役のコンサルタントからフィードバックを受けることでプロのコンサルタントに求められる視点やスキルを体感してください。

出典 スカイライト コンサルティングHP

 

一日体験プログラム

実ビジネスにおける企業の経営課題をテーマに、リサーチからビジネスモデル策定、実行のプランニングまで一連のコンサルティング業務を体験していただきます。密度の濃いグループワークを通じて、コンサルタントに求められる視点やスキルを体感できます。
参加者数を限定し、経験豊富なコンサルタントが担当。
セッション毎にアウトプットを作成し、プレゼンを実施、コンサルタントよりフィードバックを行います。
あなた自身のコンサルティング適性を、確かめてみませんか?

出典 スカイライト コンサルティングHP

 

過去の実習テーマ

企業変革コンサルティング体験/新規事業コンサルティング体験
※ 複数大学からの選抜メンバにて実習を行い、チームで議論を重ね、成果を出す体験をしていただきます。
※ 現役コンサルタントが直接指導し、議論のプロセスについても密にフィードバックを行います。
※ 中間・最終報告では、弊社取締役に向けてプレゼンテーションを行っていただきます

 

春インターン

日程

最新の情報は選考カレンダーを参照してください。
※各回15名程度

 

インターンの内容

インターンシップ

調査分析からビジネスプランの策定、実現性の検証、実行計画の立案といった、一連のコンサルティング業務の流れを弊社方法論「WayMark」をベースに体験していただきます。顧客にとって価値ある提案を考え抜き、経営者や現役のコンサルタントからフィードバックを受けることでプロのコンサルタントに求められる視点やスキルを体感してください。

出典 スカイライト コンサルティングHP

 

一日体験プログラム

実ビジネスにおける企業の経営課題をテーマに、リサーチからビジネスモデル策定、実行のプランニングまで一連のコンサルティング業務を体験していただきます。密度の濃いGWを通じて、コンサルタントに求められる視点やスキルを体感できます。
参加者数を限定し、経験豊富なコンサルタントが担当。
セッション毎にアウトプットを作成し、プレゼンを実施、コンサルタントよりフィードバックを行います。
あなた自身のコンサルティング適性を、確かめてみませんか?

出典 スカイライト コンサルティングHP

 

過去の実習テーマ

企業変革コンサルティング体験/新規事業コンサルティング体験
※ 複数大学からの選抜メンバにて実習を行い、チームで議論を重ね、成果を出す体験をしていただきます。
※ 現役コンサルタントが直接指導し、議論のプロセスについても密にフィードバックを行います。
※ 中間・最終報告では、弊社取締役に向けてプレゼンテーションを行っていただきます

 

冬インターン

日程

最新の情報は選考カレンダーを参照してください。

 

応募資格

大学生・大学院生の方
※学年・学科・国籍不問

 

インターン(ジョブ)の内容

インターンシップ

調査分析からビジネスプランの策定、実現性の検証、実行計画の立案といった、一連のコンサルティング業務の流れを弊社方法論「WayMark」をベースに体験していただきます。顧客にとって価値ある提案を考え抜き、経営者や現役のコンサルタントからフィードバックを受けることでプロのコンサルタントに求められる視点やスキルを体感してください。

出典 スカイライト コンサルティングHP

 

一日体験プログラム

実ビジネスにおける企業の経営課題をテーマに、リサーチからビジネスモデル策定、実行のプランニングまで一連のコンサルティング業務を体験していただきます。密度の濃いGWを通じて、コンサルタントに求められる視点やスキルを体感できます。
参加者数を限定し、経験豊富なコンサルタントが担当。
セッション毎にアウトプットを作成し、プレゼンを実施、コンサルタントよりフィードバックを行います。
あなた自身のコンサルティング適性を、確かめてみませんか?

出典 スカイライト コンサルティングHP

 

過去の実習テーマ

企業変革コンサルティング体験/新規事業コンサルティング体験
※ 複数大学からの選抜メンバにて実習を行い、チームで議論を重ね、成果を出す体験をしていただきます。
※ 現役コンサルタントが直接指導し、議論のプロセスについても密にフィードバックを行います。
※ 中間・最終報告では、弊社取締役に向けてプレゼンテーションを行っていただきます

スタークス

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!