【コンサルタントの道vol.1】コンサル就職は、人生を切り開く自由へのチケット

FactLogicの新連載「コンサルタントの道」は、現役コンサルタントの方々に、仕事の面白さややりがい、活躍するために必要なことなどを伺うシリーズです。 第1回に登場するのは、日系大手事業会社から外資系戦略コンサルティングファーム(いわゆるMBB(*1)のうちの1社)へ転職し、現在マネージャーを務める山本浩輔(仮名)さん。事業会社とコンサルティング会社の両者を経験した山本さんならではの視点で、特に事業会社との違い、トップファームでのキャリアが人生に持たらす価値をお話しいただきました。

*1 MBB:外資系戦略コンサルティングファームのトップである、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン コンサルティング グループ(BCG)、ベイン・アンド・カンパニーの3社の頭文字を取った略称

目次

プロフィール
1. マネージャーはプロジェクト全体の責任を負う司令塔
2. コンサルに転職した当時は、幅広く使えるスキルを身に付けたかった
3. タフな業務で成長速く、顧客の変化に寄り添える仕事
4. 活躍しているコンサルタントには、深く広い“想像力”がある
5. コンサル就職は新しい人生を切り開く自由へのチケット
6. 「コンサルは事業会社よりも上」という勘違い

プロフィール

山本浩輔(仮名)さん

私立大学出身。新卒で日系大手事業会社勤務ののち、外資系戦略コンサルティングファームへ中途入社。現在はマネージャーを務める。

マネージャーはプロジェクト全体の責任を負う司令塔

——まず初めに、現在のご自身の業務内容について教えてください。

現在はマネージャーで、プロジェクト全体の責任を負う立場として司令塔の役割をしています。プロジェクトの開始時には、ゴールを定義してそのためにいつまでに何が達成されていなければいけないか、どんなリソースがいつ必要になるかを設計し、プロジェクトが走り出してからは、当初描いていた青写真と異なるところを修正していきます。またプロジェクトメンバーの成長のサポートすることもマネージャーの大切な役割です。

当社ではどんなポジションであってもオーナーシップ、すなわち目的の達成に必要な事柄を自分自身で考えコーディネートしていくマインドセットが重要だと考えていますが、マネージャーはこれが特に強く求められます。「このプロジェクトの成功はすべて自分の責任」というマインドセットのもと、チームのメンバーの調査結果をクライアントに提出できる品質に引き上げることはもちろん、日常的にパートナーに対しても指示を出し、クライアントの経営層とプロジェクトに必要なコミュニケーションを取ってもらうなど、全体をマネジメントする必要があります。

ちなみにこうしたオーナーシップは新卒1年目で入社したばかりの人でも同様に求められます。指示を待つのではなく、彼ら自身が彼らに与えられた役割を全うするために必要な行動を考え、必要に応じて役職に関係なく、指示を出すことが奨励されています。

——では、実際にプロジェクトの具体的な流れを教えていただけますでしょうか。

そうですね、仮に、あるメーカーの新規事業戦略・実行プロジェクトだとしますね。まず最初の2、3カ月程度で調査、分析による戦略構築を行います。まず世の中の大きなトレンドや市場の動向、競合状況を調査し、それと並行して複数の専門家から新規事業の仮説を出してもらいます。またクライアントの既存事業の強みも考慮して、どのような市場に入るべきかの仮説を練り上げていきます。その後、決まった戦略をどのようなビジネスモデルで具体化するのか、また必要な要素をM&Aで手に入れるのか自社で新たに構築するのか等のオプションを検討します。場合によっては買収先企業のリストアップや、必要な採用等の設計もしていきます。あくまでクライアントの戦略なので、相手に納得感があるか、やりたいと思ってもらえているかが非常に重要です。

その後もプロジェクトは続きます。最初にざっくり立てた計画を精緻化し、今度は現場の方々と、時間をかけて一緒に実行をサポートしていきます。一気に地道な活動が中心のプロジェクトに様変わりします。大事なポイントとしては、クライアント向けに能力開発のトレーニングを行ったりもするんですよ。コンサルタントが抜けた後、継続的にプロジェクトを成功に導くためにも、コンサルタントの成果物は資料や実行された施策の効果だけではなく、クライアントの中に残る組織能力やマインドセットの変化だと捉えているためです。

コンサルに転職した当時は、幅広く使えるスキルを身に付けたかった

——日系大手企業からコンサルティングファームへ転職した理由を教えてください。

当時はジェネラルなスキルを身に付けたかったからと言うのが大きな理由です。というのも、私の前職は配属の関係で特殊な業務を行う部署が中心だったために、知識が偏ってしまい一般的に通用するようなスキルが身に付きにくかったんです。MBAの取得も検討しましたが、コンサルタントとして働きながらそうしたスキルを身に付けようと考えました。

——前職で何か危機感みたいなものがあったんでしょうか?

特に危機感というほどのものは持っていませんでしたが、それよりも業務自体に退屈してしまったというのが正直なところですね。

日本の大企業とコンサルの大きな違いは、定常業務の割合だと思います。大企業では、先人が築き上げてきたビジネスモデルに沿っていればある程度うまくいってしまうんです。当ファームでは、非常に優秀なパートナーたちが努力を尽くし時間をかけて顧客が解決すべき課題を特定し、一件のプロジェクトを受注し、そこからも紆余曲折を経て成果物が出来上がっていきますが、前職ではそれまで積み上げた事業資産を使って仕事を進めれば私自身のそれなりの努力で数千万~数億円の売上が立ってしまっていた。

これは疑いようもなく大企業の強みですが、私は少し退屈を覚えてしまったわけです。もちろん、大企業でも事業内容や部署によりますし、何より学びというものは自分の意欲次第だとは思うのですが、私は環境からプレッシャーを受けないと頑張れないタイプなので、外に出るべきだと思いました。

ちなみに、コンサルタントも、仮説を立てて検証という流れ自体は定常業務と言えなくもないのですが、大企業のそれとは抽象度が違い、4年間働いてきた中で既視感を感じたことは殆どなかったです。当然、苦労しますが、その分様々な経験ができましたし、学びも大きかったなと感じますね。

タフな業務で成長速く、顧客の変化に寄り添える仕事

——コンサルタントのやりがい/面白さを教えてください。

まず1つ目は、クライアント企業の変化を目の当たりにできることですね。1、2年ほどクライアントに伴走して実行支援まで行うと、プロジェクト開始時と比べて、トップから末端まで全く違う組織に生まれ変わっていることがあります。当初は「こういう理由で無理」と言っていたトップマネジメントの方が、「できるようにするにはどうすればいいか」と議論していただけるようになっていたりするんですよ。こういった変化を見ることができるのはコンサルタントならではだと思いますね。

2つ目は、多様な企業の多様な業務に触れることができることです。様々な業界のトレンドや業界のキーマンの考えなど、業界知識を得ることができ、知的好奇心も満たされます。また、業界や機能をまたいで仕事をするため、たとえば営業と調達の本質的な共通点を見出すなど、俯瞰して業務や事業を見ることができるのが面白いですね。

この続きを閲覧するには、
会員登録が必要です

会員登録 / ログイン

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!