ケース問題集 マッキンゼー・アンド・カンパニー編 vol.1

EXE 第9期生 募集

はじめに

FactLogic会員限定で、コンサルティングファームで過去に出題されたケース問題を公開しています。本記事はマッキンゼー・アンド・カンパニー編です。

問題

ヨーロッパ圏内でスポーツ用品店を多店舗展開している企業があります。その店はスポーツウェアから器具まで全てのジャンルの商品を取り扱っています。店舗は大型のショッピングモールにテナントを構えるような形で展開しています。ここ3年間で毎年売上、利益共に5%ずつ上昇しており、今後5年間も同じ成長率を維持したいという相談がマッキンゼーに寄せられました。プロジェクトを始めるに当たって最初に考えるべき項目を網羅的に上げてください。

※ケース問題の回答は1つではなく、本回答は一例にすぎません。

皆さんもおすすめの回答方法を参考にして一度解いてみてから、回答例を見ることでアウトプットの練習をしてみてください。

おすすめの回答方法

  • 5分以内で1度結論を出す
    実際のケース面接では5分程度で答えを出さなければなりません。
  • 10~20分間でより説得力のある回答になるように、じっくり考える
  • 回答例を確認する

考え方

この続きを閲覧するには、
会員登録が必要です

会員登録 / ログイン

まとめ

今回はマッキンゼー・アンド・カンパニーで過去に出題されたケース問題を紹介しました。ケース問題は何度も練習することが重要です。ぜひ他のケース問題にも取り組みんでみてください。
ケース問題集 ベイン・アンド・カンパニー編 vol.1
ケース問題集 初級編vol.1
ケース問題集 中級編vol.2

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!