Q. コンサルティングファームの分類って?戦略系って何?

Q. コンサルティングファームの分類って?戦略系って何?

A:コンサルティングファームは大別すると5種類あります。

日本に存在しているコンサルティングファームを分類すると、主に

(1)戦略系コンサルティング

(2)総合系・会計系コンサルティング

(3)IT系コンサルティング

(4)人材開発系コンサルティング

(5)シンクタンク

の5つに分けられるでしょう。それぞれの特徴や代表的なファームは以下のとおりです。

 

(1)戦略系コンサルティングファーム

クライアント企業の全社戦略に絞ってコンサルティングサービスを行っているグループです。全社戦略とは、いわゆる大企業の経営者が日々頭を悩ませている、会社全体に関わる問題への戦略のことをいいます。たとえば、「我が社はそもそも会社全体として、どのような企業を目指すべきか?」という戦略や、「我が社には100を超える事業が存在するが、そのうちのどの事業を中核事業として、多くの資金や人員を投入すべきか?」という戦略が全社戦略として挙げられます。

全社戦略をテーマとして扱う以上、動かす人数や金額も大きくなり、企業経営のトップレベルに関わるコンサルティングができます。所謂トップファームと呼ばれるファームがここに分類されることが多いです。

例 マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストンコンサルティンググループ

 

(2) 総合系・会計系コンサルティングファーム

経営戦略だけでなく、人事やITシステムの導入などまで含めた総合的なコンサルティングサービスの提供を行っているグループです。またもともと会計事務所が母体となっているファーム群でもあり、豊富な人員と資金を用いて近年急速にコンサルティング業界でのプレゼンスを高めています。

例 アビームコンサルティング、アクセンチュア、デロイトトーマツコンサルティング

 

(3) IT系コンサルティング

IT分野に特化してクライアント企業のビジネスに対するコンサルティングサービスを提供しているグループです。ITシステムの導入やその企業に合ったソフトウェアの開発などを行うことで、企業に付加価値を提供します。ソフトウェア開発なども行わなければならないため、社内にプログラマーやSIerが独立した部署として存在するファームも多く存在します。

例 フューチャーアーキテクト

 

(4)組織・人事系コンサルティング

企業の人事分野に特化したコンサルティングサービスを行うグループです。会社の給与体系、年金制度など財務に関する分野のシステム設計なども行うことがあります。また、組織の制度設計に関するコンサルティングが以前は主流でしたが、近年では社員の意識改革やリーダーシップ開発の需要が高まっており、組織の中身である「人」の意識面に対するコンサルティングも行っています。

日系人材会社の中にはコンサルティングサービスを業務範囲に含んでいるところもあり、それらの企業との線引きが難しいグループです。

例 マーサージャパン、タワーズワトソン、ヘイコンサルティンググループ、リンクアンドモチベーション

 

(5)シンクタンク

シンクタンクとは、主に政策立案を業務とする集団のことです。日本語では「~総研」という名前がついていることが多く、主に政府から依頼された調査、提言を行うということで、広義のコンサルティングファームに入ると言われています。

例 三菱総合研究所、野村総合研究所

これらをどう比較すれば良いかは、以下の『コンサル会社ごとの比較はどうすればいいですか?』を参考にしてみてください。

https://factlogic.jp/questions/how-to-compare-firms/

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!