Q. フェルミ推定やケース問題ができるようになる方法は?

Q. フェルミ推定やケース問題はどうすればできるようになりますか?

A:インプットとアウトプットの2つのステップを意識しましょう。

(1)フェルミ推定やケース問題(特にケース面接)で必要とされる考え方を解説しているコラムや本を読んだり、考え方の解説をしているセミナーを受講するなどして思考方法を頭に入れる「インプット」のステップがまず一歩目です。

(2)本やセミナーなどで思考方法をインプットしたあとは、実際にフェルミ推定、ケース面接の問題に取り組んでいき、演習を数多く行うという「アウトプット」のステップに移行します。このアウトプットをどれだけ行えるかがカギとなります。問題演習を数多く行う「千本ノック」を繰り返していくうちに問題を解けるようになっていきます。

 
思考方法のインプットは完璧でなくてもいいので早く終わらせて、多くの問題を解いて訓練を重ねていくことが、フェルミ推定やケース面接に答えることができるようになるための近道だといえます。また、インプットとアウトプットはいわば車の両輪のようなものであり、問題演習でのアウトプットを重ねることで難しいロジカルシンキングの本の内容が深く理解できるようになることもあります。分厚いロジカルシンキングの解説書を何冊も読む時間があるのであれば、多くの問題演習をこなした方がよいでしょう。

 
以下の章では
(1)インプットにおすすめのコラムと書籍
(2)アウトプットにおすすめの方法
について紹介していきます。

 

(1)インプットにおすすめのコラムと書籍

この章では、実際にフェルミ推定やケース問題のインプットを進めていく上で役立つ「選考対策コラム」と「書籍」を紹介していきます。アウトプットを始める前にサラッと目を通し、アウトプットを何回もしていく中でつまずいたら、該当箇所に戻ってきて軌道修正していくことをおすすめします。

 

おすすめのコラム

1.コンサル就活でよく聞く「フレームワーク」って何?

そもそもコンサル就活でよく聞く「フレームワーク」とは一体なんなのかという素朴な疑問にお答えします。知っている方はスルーしていただいて大丈夫です。

 
2.戦略ファーム内定者直伝、選考通過のためのフェルミ推定対策【例題の実況解説と NGパターン付き】

フェルミ推定の対策を「手早く済ませたい!」という方はこれだけ読んでください。
「フェルミ推定とは」という説明から始まり、コンサル業界におけるフェルミ推定の出題例面接官の着眼点と評価基準を解説しています。
その後、フェルミ推定の解法5ステップの紹介や、選考通過のためのテクニック、優秀な学生が陥りがちなNGパターンについて解説し、最後に実際の面接をイメージできるように会話調でフローの例を示しています。

 
3.「フェルミ推定」とは?戦略ファーム内定者の対策法とは?

同じく「フェルミ推定とは」という説明から始まり、選考通過のポイントと、戦略ファーム内定者が就活をしていた時に実際に行っていた対策法を紹介しています。

 
4.戦略ファーム内定者に聞いた、フェルミ推定対策で覚えるべき数値一覧

フェルミ推定であらかじめ知っておきたい数値をまとめました。
例えば「日本の人口」はほぼ全員が知っていても、「世帯数」を知っている人は少し限られるのではないでしょうか。
フェルミ推定では、知らない数値は仮定・計算できる思考力が何よりも大切です。しかし、常識的な数値を把握していることが前提になる問題もあるため、選考の前に是非目を通してください。

 
5.いくつわかる?フェルミ推定攻略に重要な数字一覧

上の記事で覚えた数字を試験形式で確認することができます。
覚えた数字をそのまま解答する問題はもちろんですが、覚えた数字を使って推定して答えを出すような問題も掲載しているので、力試しに使ってください。
全43問です。

 
6.ケース面接を突破するための4ステップ

外資系コンサルティングファームや投資銀行という人気業界で、もっとも難しいと言われる「ケース面接(インタビュー)」の解き方を、例題を用いた解説と、よくある失敗例を元にご紹介します。

 
7.ケース面接で求められている能力とは

ケース面接に挑むにあたって「身につけておきたい能力はなんなのか」という疑問に対して、「そもそもなぜケース面接を選考に組み込むのか」、「コンサルタントにはどのような能力が必要なのか」という視点から解説していきます。

 
8.コンサルのケース面接で覚えておくべき9つの事

ケース面接の実践練習をこれから始めるという方も、バッチリという方も、このコラムは一読しておくことをおすすめします。
ケース面接中に意識すべき「チェック項目」のような位置づけでご利用ください。

 
9.外資戦略ファーム内定者が添削、ケース問題添削集

きっちりと時間を計って解いたケース筆記の解答を戦略・外資コンサル内定者が添削しました。
「ケースの問題を解くにあたり、実際どういう点が評価の対象になるのか」、「ケース面接本番でコンサルタントから突っ込まれそうなポイントはどこか」を学ぶことができます。
また、「同じ問題でも解答する人の数だけ異なる切り口がありうる」という面白さを感じ取っていただければ幸いです。

 

おすすめの書籍と使用方法

具体的にどんな本を使えばいいか分からないという人は、まずは『現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート』と『東大生が書いた 問題を解く力を鍛えるケース問題ノート』の2冊を読んでみましょう。
フェルミ推定とケース問題についての知識がまったくない人でも気軽に読み進めることができ、豊富な例題や練習問題への取り組みを通じて、問題に対する感覚を掴むことができる本です。

ただし、この本を読むうえで気をつけてほしいことがあります。

それは、この本の内容を「暗記」しようとしてはいけないということです。
この本に紹介されているフレームワークは確かに強力な思考ツールでありますが、あくまでフレームワークは問題に対して答えを導き出すために用いる「手段」でしかありません。フレームワークを使用することそれ自体を「目的」と考えてしまうと、使うべきでない場面でもフレームワークを使おうとしてしまい、かえって逆効果になります。
フレームワークを考え無しに濫用してしまう「フレームワーク病」にかかってしまうコンサル就活生は散見されますが、そうならないよう気をつけましょう。

こういったフレームワーク病を患っている学生に対しては、コンサルタントはかなりの低評価を与えます。重要なのは、「何のためにこのフレームワークを使うのか?」という点を強く意識することです。フレームワークは強力な武器ですが、使い方を誤れば悲惨な結果を導くということに注意しましょう。

関連:
コンサルティング業界の就活に向けて本を読むべきですか?

 

(2)アウトプットにおすすめの方法

フェルミ推定やケース問題の軽いインプットが一通り済んだら、実践練習を積み重ねていきましょう。この章では「フェルミ推定」「ケース筆記」「ケース面接」に分けて、アウトプットの方法を紹介していきます。

 

フェルミ推定のアウトプットは”日頃の何気ない積み重ね”から

フェルミ推定において重要なのは、「切り口のセンス」です。これは一朝一夕で身につくものではなく、”日頃の何気ない積み重ね”から次第に身についてくるものです。

例えば電車に乗っている時、スマホをいじり倒してすることがなくなり手持ち無沙汰になったその瞬間がチャンスです。
ふとホームの自販機が目に入ったから、日本にある自販機の台数を推定してみる。何気なく広告を眺めているだけだと暇だから、広告業界の市場規模を推定してみる。
その際、様々な切り口から何通りも推定方法を試してみる。

そんな些細な積み重ねが大きな力になります。ぜひ実践してみてください。

 

ケース筆記のアウトプットは”網羅性”を意識

ケース筆記において最も怖いのは「網羅性」、次に怖いのは「字数」です。

ケース筆記はケース面接とは違って、質問してもらうことによって自分の考えを深めることができません。自分の論理的思考力をやり取りを通じてわかってもらうことはできません。限られた字数の中で「自分には論理的思考力があるんだ!」ということを示さなければならないのです。

そのために必要なのは、「自分はこれだけの可能性を想定し、〇〇という理由からこれを採用した」ということを、わかりやすく、網羅的に、字数以内に示さなければならないということです。エントリーシート(ES)での出題であれば考える時間は豊富にありますが、会場で決められた時間内に回答しなければならない場合は、日頃から「書く練習」をしておく必要があるでしょう。

 

ケース面接のアウトプットは”対人練習”あるのみ

ケース面接で最も重要なのは「面接官とのやりとり」です。

たいていのケース面接は考える時間を3〜5分もらった後に、ディスカッションスタートです。このあまりにも短い時間の中で完璧な解答を作り上げることは不可能に等しいので、当然ながら面接官とのやりとりを通じて解答を完成させていくことになります。

意表を突かれた質問がきた時、どう対応するか。
議論に齟齬が生じてきたと感じた時、どう軌道修正するか。
はじめの思考時間で何を考えておくと、後の議論がやりやすくなるか。

これらは一人でシミュレーションしていてもなかなかわかりません。対人練習を通じて何度もトライアンドエラーを繰り返し、身につけていくスキルです。

身近に練習相手がいる人は、その人と練習を繰り返してください。練習相手が見つからない人・普段とは違う相手と練習したい人は、ぜひ各所で開催されているセミナーに足を運んでください。そこで同じ大学の学生や近所に住んでいる学生とつながることができれば、何回も練習を重ねることができます。

こちらから姉妹サイトGoodfindのセミナーを確認できます。

 

まとめ

本コラムではインプットとアウトプットと言う2つの観点から対策方法をまとめました。

繰り返しになりますが、インプットとアウトプットは車の両輪のようなものであり、どちらか一方のみ行っているだけでは限界がありますが、双方を織り交ぜて対策を進めると大きな効果が得られます。

ぜひ効率的に対策を進めていってください。

 
Q&A一覧はこちら>【Q&A集】コンサル就活の小さな疑問、お答えします。

 

 

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!