Q. コンサルって商社よりも給料が高いの?

Q. コンサルって商社よりも給料が高いの?

A. コンサルの方が少し高いといえます

給料の高さを年収の高さと言い換えると、コンサルの方が少し高いと言えるでしょう。

以下、1年目(23歳)と7年目(30歳)、そしてその後の年収を比較してみましょう。

 

■1年目(23歳)

コンサル(アナリスト):400万~600万

商社:400~500万

コンサルの初任給はファームによっても異なりますが、概ね400~600万となります。コンサル会社の多くは役職によって給料が異なり、新卒は「アナリスト」という役職からスタートします。このアナリストの給料が、400~600万なのです。たとえば日系のコンサルティングファームであるドリームインキュベータは、大学卒に550万、大学院卒に570万円の初任給を与えています(※会社業績により決算賞与あり)。ベイン・アンド・カンパニーやマッキンゼー、A.T.カーニーなどの大手外資コンサルも500~600万円で推移しています。労働時間が長くなった場合、700万円を超えることもあるといいます。

 

一方、商社の初任給は400~500万円です。三菱商事の新卒は1年目で480万円と言われており、他の業界と比べるとやはり商社は高給だといえます。コンサルと比べると50~100万円ほど安いですが、福利厚生や解雇リスクの少なさも考えないとフェアではありません。この時点では、商社もコンサルも差はほとんどないと言ってよいでしょう。

 

■7年目(30歳)

コンサル(コンサルタント):700~1500万

商社:1000万

コンサルは、前述の通り役職で給料が決まることが多いです。新卒のアナリストは2~4年目で昇進し、「コンサルタント」という役職に就きます。このコンサルタントの給料ですが、ファームによっても異なりますし、戦略系かそうでないかによっても異なります。戦略系だと1500万くらいの給料になり、これは商社17年目の人と同じ年収となります。もちろん全員がそうなれるわけではありませんが、入社して10年も経たないうちに商社17年目と同程度の給料がもらえるとなると、コンサルの給料がかなり高いことが分かります。

また、コンサルタントに昇進してから平均3~4年ほどで「マネジャー」という役職に昇進します。9割ほどの人がアナリストからコンサルタントに昇進するのに対して、マネジャーに昇進するのは少し難しくなります。マネジャーの年収は戦略コンサルであれば1500万~2000万であり、それ以外の総合系コンサルなどであっても1000万~1500万もの年収となります。仮に入社3年目でコンサルタントに昇進し、7年目でマネジャーに昇進すると考えると、7年目で少なくとも1000万円を超える年収となります。戦略コンサルであれば1500万円以上ですから、商社の人より10年早く年収1500万に到達することになります。

 

商社も7年目には1000万円ほどの年収となり、そこまでコンサルと差があるわけではないことが分かります。コンサルのように、マネジャーに昇格すれば1500万円!というようなことは考えにくいですが、それでも安定して高収入を実現できるでしょう。また、先程も述べましたが、日系商社はコンサルとくらべて解雇リスクは低いですし、福利厚生の充実も考慮しなければなりません。マネジャーと比べると数百万ほど年収が落ちるかもしれませんが、単純な額面のみで判断するのはオススメしません。

 

■その後

さて、その後の給料比較ですが、ハッキリ言って出来ません(笑)

商社は17年目(40歳)で1500万円に到達しますが、部長級に出世すると(同期のうち2%ほどしかなれませんが)2000万円を超えます。そして、同期から1人出るか出ないかのレベルですが、役員になれれば5000万円以上の年収となります。とはいえ、大多数は部長になれませんから、1500万円が上限だと考えたほうが良いでしょう。

コンサルも、マネジャーになるのは現実的な未来であるため、30歳になるころには1000~1500万円の年収に到達するでしょう。しかし、マネジャーの上の役職である「パートナー(共同経営者)」になるのは難しく、誰でもなれるわけではありません。パートナーの年収ですが、だいたい3000万~数億円となっており、もはや推測は難しいといえます。

 

まとめると、商社もコンサルも入社7年目で1000万円に到達しますが、その後どれだけ稼げるかは自分次第だということになります。コンサルを選ぶか商社を選ぶかは、仕事内容や今後の市場の動向、自分のキャリアプランなど、給与以外の面で判断したほうが良いといえそうです。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!