Q. 女性でもコンサルタントになれますか?

Q. 女性でもコンサルタントになれますか?

A. 女性でももちろんなれます。著名な女性コンサルタントも存在します。

確かにコンサルティングファームは男性が多く集まる男社会ですが、同時に完全な実力主義の世界でもあります。「女性だから採用しない」などということはなく、自分の持つ適正をちゃんと評価してもらえればコンサルタントとして採用してもらえます。­

著名な女性コンサルタントといえば、DeNAの南場智子さんが挙げられでしょう。南場さんは男社会だったマッキンゼーに1986年に入社し、10年後の1996年にはなんとパートナー(役員)にまで昇進しています。マッキンゼーといえば戦略コンサルティング会社の中でもトップのファームとの評価を受けており、南場さんのコンサルタントとしての実力が伺われます。逆に言えば、女性であっても、東大卒でなくても(南場さんは津田塾大学卒)「実力」さえあればマッキンゼーに入社できますし、パートナークラスにまで昇りつめることも可能なのです。

女性のコンサルタントで他にも有名なのが、『採用基準』という本を書いた伊賀泰代さんでしょう。伊賀さんはマッキンゼーで10年以上も採用マネージャーに関わった人であり、現在はキャリア形成コンサルタントとして独立しています。

また、日系のコンサルティングファームでも女性のコンサルタントはしっかりと存在します。例えばドリームインキュベータ(DI)では、中途入社の女性がビジネスプロデューサーを務めています。DIは女性向けキャリアセミナーを開催するなど、女性の採用に熱心な印象があります。コンサルティングファームによってはダイバーシティ(多様性)を意識しているところもあるため、女性だからといって採用で不利になると考える必要はないでしょう。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!