【18卒対象】フューチャーアーキテクトの選考/採用情報まとめ

このページではフューチャーアーキテクトの選考/採用情報についてまとめています。

フューチャーアーキテクトは、1989年に設立された日系のIT系コンサルティングファームです。現代表取締役である金丸恭文氏が創設者であり、東証一部に上場している大企業です。ITコンサルというと、ITシステムの導入を支援するというイメージがあるかもしれませんが、フューチャーアーキテクトは「ITを駆使して企業・社会の未来価値を高める」という理念を掲げており、あくまでITは企業の価値向上のための手段であると捉えています。

 

選考フロー

説明会→エントリーシート→WEBテスト→面接複数回

 

説明会

フューチャーアーキテクトの選考を受けるためには出席が必須なので注意しましょう。大体二時間位で終了します。

 

エントリーシート

過去に以下の様なことが聞かれています。

1自分の考え方に影響を与えた出来事と、それによりどのように自分が変わったのかをエピソードと共に教えてください。
また、その題材を選んだ理由も教えてください。 (800文字以下)
2貴方の強みや得意なこと、研究成果などを具体的に教えてください。 (800文字以下)

 

webテスト

自宅などで受験します。言語、非言語、性格診断などオーソドックスなものは通常のwebテスト対策で十分でしょう。ただし、暗号という出題科目がありますので、注意しましょう(とはいえ、難易度は非常に高く、他の人もできていないことが予想されるので、そこまで気にする必要はないのかもしれません)。

 

面接

自己PRプレゼン(5分間) →プレゼンフィードバック(数分) →通常の面接という流れで進みます。

  • なぜ就職活動をしているのか
  • フューチャーアーキテクトを志望する理由
  • コンサルタント業に対してどのようなイメージがあるか
  • コンサルタントに必要なスキル、大事だと思うことはなんか
  • 一人では乗り越えがたい困難に出会ったときはどうやって対処してきたか

などが聞かれています。雰囲気は和やかで楽しい感じです。これを突破すれば、内定ということになります。

※本ページに記載している情報はFactLogicが独自にリサーチ、または各種メディアから収集したものであり、企業が公表している情報ではない場合があります。

関連ファーム情報

コンサルタントを目指すなら解けないといけない問題

[ 判断推理問題 ]

夏に東京の某企業で行われたインターンの参加学生40人に、経験したことのあるスポーツについてアンケートを取った。その結果、ハンドボール経験者が20人、水泳経験者が30人、テニス経験者が35人、卓球経験者が18人いた。以上の事実から判断して確実にいえることは次のうちどれか。

選択肢を見て回答する

いいね!を押してFacebook限定のイベント情報や最新情報を逃さずゲット!